愛していると言ってくれ:特別版第1弾放送 トヨエツに視聴者「色っぽさが異常」 大きい手に「たまらん」「くぎ付け」と反響

テレビ
豊川悦司さん

 俳優の豊川悦司さんと女優の常盤貴子さんの主演で1995年7月期にTBS系で放送された連続ドラマ「愛していると言ってくれ」(全12話)の特別版第1弾が5月31日にTBSで放送された。同作で聴覚に障害がある新進画家の榊晃次を演じた豊川さんに、SNSでは「トヨエツの色っぽさが異常」「何、この引力」「めちゃめちゃカッコいい」「スーパーイケメンタイム!」といった声が上がり、盛り上がりを見せた。

 劇中で水野紘子(常盤さん)が晃次の手に「大きい手」と感想を語る姿が登場した後に、晃次が手話をしたり、手を紘子の顔に近づけたりするシーンも登場し、視聴者から「当時、気づかなかったがトヨエツの手の大きさと常盤貴子の顔の小ささ」「本当に美しい手」「トヨエツの手たまらん」「くぎ付け」という声も上がっていた。

 「愛していると言ってくれ」は、“恋愛ドラマの神様”の異名を持つ北川悦吏子さんが脚本を担当。新進画家の晃次と女優の卵、紘子の言葉を超えたラブストーリー。放送当時の平均視聴率は21.3%、最終話で最高視聴率28.1%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。「DREAMS COME TRUE」の主題歌「LOVE LOVE LOVE」は約250万枚を売り上げる大ヒットとなり、同年のオリコンシングルランキング年間1位となった。

 特別版では冒頭で豊川さんと常盤さんのリモート対談も放送された。次回は6月7日午後2時から関東ローカルで放送。全4回。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る