グリーン&ブラックス:中川晃教ら「ジャージー・ボーイズ」キャストが楽曲披露 相葉裕樹は自粛明け初歌唱「今の自分を知ることができた」

テレビ
9月23日放送のミュージカルコメディー番組「グリーン&ブラックス」のワンシーン=WOWOW提供

 ミュージカル俳優の井上芳雄さん、福田雄一監督が出演するWOWOWのミュージカルコメディー番組「グリーン&ブラックス」。9月23日放送の第42回は、中川晃教さんら「ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』インコンサート」のキャストが、「ジャージー・ボーイズ」の「My Eyes Adored You<瞳の面影>」と「Big Girls Don’t Cry<恋はヤセがまん>」の2曲を披露。相葉裕樹さんは「ダンス オブ ヴァンパイア」の「サラへ」を歌う。

 「ジャージー・ボーイズ」の楽曲は、中川さん、藤岡正明さん、矢崎広さん、大山真志さんの4人で歌唱。中川さんは「今回の収録で歌ってみて、やっぱりハーモニーって難しいな……ってあらためて思いました」とコメント。「新メンバーの大山真志くんが入って、初めての声が合わさることで、また違ったものが生まれてくる。新たに加わったメンバーを大切に思い、またイチから目標高く、“ジャージー・ボーイズ”という山に向かっていく……、そういった初心、舞台に立つ者の姿勢といったことも、この作品から教わっている感じがします」と語った。

 また、番組で披露する楽曲「My Eyes Adored You」は「『瞳の面影』という邦題がついているくらい、日本でもよく知られている曲」、「Big Girls Don’t Cry」は「強がっている女性の可愛らしさ、けなげさといったものを男性が見て歌っている、要するに応援歌」だとそれぞれ説明。「やっぱり音楽が主役! と実感させてくれる名曲を歌うことができてうれしかったです。ぜひ聞いていただきたいと思います!」と話している。

 相葉さんは、今回の収録が「自粛明けの初めての歌唱」だったといい、「以前は『これを歌わなきゃいけない』という課題曲が常にある状態だったのに、それがポッとなくなったこの3カ月だったので……。やっぱり、“歌うカラダ”になってなかったんですよね。ちょっとこれはヤバイ(笑い)!と、すごい緊張感がありました。あらためて課題もたくさん見えたし、今の自分の状態を知ることができた、そんな収録でした」と振り返った。

 歌唱した「サラへ」については、「本当にすてきな楽曲ですよね。歌わせていただけて光栄でした」と感想を語り、「ちょこちょことカメラ目線が入っていますので、ちょっと恥ずかしくなるような瞬間もあるかも(笑い)!? それでも精いっぱい、魂を込めて歌いましたので、楽しんでいただけたらなと思います」と見どころをアピールしている。

 「グリーン&ブラックス」は毎月第4水曜午後11時にWOWOWライブで放送。第42回は福田監督が司会を務め、井上さん、川久保拓司さん、昆夏美さん、城田優さん、鈴木壮麻さん、瀬奈じゅんさん、吉野圭吾さんを迎えたトークコーナーも放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る