美 少年:初主演ドラマ終え“真夏の少年ロス”… 視聴者からのメッセージに感涙「頑張ってよかった」

テレビ
「美 少年」が出演する「真夏の少年ドキュメント 美 少年、○○。」最終回=テレビ朝日提供

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」主演のドラマ「真夏の少年~19452020」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)のオリジナルコンテンツ「真夏の少年ドキュメント 美 少年、○○。」が、9月18日に最終回を迎える。最終回は「美 少年、泣く。」と題し、クランクアップから数日たった“真夏の少年ロス”のメンバー6人が、撮影の思い出を語り合う。

 ドラマは、それぞれに事情を抱えた「美 少年」のメンバー扮(ふん)する青春真っ盛りの高校生たちと、終戦間際の大宮島(現グアム島)からタイムスリップしてきた軍人・三平三平(博多華丸さん)の出会いを通して、本当の幸せや自由とは何かを世の中に問いかける青春ヒューマンコメディー。オリジナルコンテンツと同じく、18日に最終回を迎える。

 「美 少年、泣く。」の収録では、メンバーを取材という名目で“サプライズ呼び出し”。6人が用意されていた椅子に座ると、突然前方の大きなスクリーンに映像が流れ、ドラマのメーキング映像や、視聴者から寄せられた「#真夏の少年感想文」が映し出される。

 温かい感想文の数々に浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんは涙し、メンバーも「めっちゃうれしいね」「頑張ってよかった」と喜びをかみ締める。佐藤龍我(りゅうが)さんは「歌やステージではなく、お芝居でも皆さんに伝わるものがあるんだなって思いました」と話し、「ドラマが終わっちゃったんだと思うと、本当に寂しい……」と吐露。藤井直樹さんと金指一世さんは「とても楽しい夏を過ごせました」と口をそろえる。

 また、共演者の水野美紀さん、長谷川京子さん、博多華丸さんらからのメッセージもあり、博多さんの「最終回では彼らを見ていたら自然と涙が出てきた」という言葉には一同感激。ドラマの名場面や名せりふを映像で振り返る場面では、メンバーは流れる涙を拭いながら「エモいな」と感動を分かち合った。

 ほかにも、撮影を終えた今だからこそ言える他のメンバーへのクレームや感謝、初主演ドラマへの反省点など、さまざまな話題で6人は大盛り上がり。岩崎大昇さんは「朝は5時くらいに目が覚めちゃうし、夢では助監督の声が聞こえる」といまだに撮影中の感覚が残っているといい、「思っている以上に“真夏の少年ロス”です」と告白。那須雄登(ゆうと)さんは今回の収録に驚きつつも、「ちょうどさっき、“ドラマのロケ地に行きたいね”ってメンバーと話していたところだった」とうれしそうな表情で語った。

 「真夏の少年ドキュメント 美 少年、○○。」の最終回「美 少年、泣く。」は、ドラマの放送終了後に動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で独占配信。最終回以降も、引き続きオリジナルコンテンツを全編配信するほか、テレビ朝日で放送したスペシャル番組「真夏の少年presents真夜中の少年」も配信する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る