森七菜:「エール」の“梅ちゃん”がすっかり定着 期待の若手女優も驚いた朝ドラ

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」で関内梅を演じる森七菜さん (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、ヒロイン・音(二階堂ふみさん)の妹・関内梅を演じている森七菜さん。森さんは今回が初の朝ドラで、4月21日放送の第17回に初登場すると、大きなメガネがトレードマークの文学少女“梅ちゃん”として人気を集めてきた。昨年1月期に放送され、大きな話題となった連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)以降、期待の若手女優として数々の作品に起用されてきた森さんに話を聞いた。

 ◇初めて会う人からも“梅ちゃん”呼び 改めて朝ドラの影響力を実感

 森さんは2001年8月31日生まれ、大分県出身の19歳。2016年に大分県内でスカウトされ、芸能界入りした。2017年に人気グループ「嵐」の櫻井翔さん主演の連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)で生徒役を務め、同年は、映画「心が叫びたがってるんだ。」にも出演。2018年には、連続ドラマ「獣になれない私たち」(同局系)で田中美佐子さんの独身時代を演じた。

 昨年は「3年A組」以外にも、映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎(寅さん)の少年時代を描いたNHKドラマ「少年寅次郎」にも出演。新海誠監督の劇場版アニメ「天気の子」ではヒロイン・陽菜の声優を務め、月刊情報誌「日経トレンディ」(日経BP社)の「2020年の顔」にも選ばれた。また、今年1月公開の岩井俊二監督の映画「ラストレター」では一人二役をこなし、主題歌「カエルノウタ」で歌手デビューを果たす。さらに、眞島秀和さん主演のドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)ではナレーションを担当。この秋には初主演ドラマ「この恋あたためますか」がTBS系でスタートする。

 そんな森さんに「エール」出演後の反響を聞くと、「驚いたのは、他のお仕事の現場で初めてお会いする方からも、“梅ちゃん”と役名で呼んでもらえることですね。『朝ドラ見てるよ。頑張ってね』と励ましの言葉をいただくことも多くて。改めて朝ドラの影響力を実感しましたし、とても愛されているドラマなんだなあと日々感じています」と明かす。

 収録現場の印象については「最初はとにかく撮影のスピードが速くてびっくりしました。ついていくだけで精いっぱいで……」と話していて、「でも、梅はどっしりとしたキャラクターなので、焦っている素振りは見せたくなかったんです。そのうち徐々に慣れてきましたが、今度は、他の現場に行くと『こんなにじっくりできるんだ』と逆に戸惑ってしまって。これまで以上に、現場ごとでしっかり切り替えていかないといけないなと感じましたね。うかうかしていられません!」と力を込める。

 また朝ドラでは、一人の人物の幅広い年齢を演じることも多く、「収録では、同じ日に女学生の梅と30歳の梅とを行ったり来たりしながら演じることもあるんです。そもそも私は年齢相応に見られることが多くないので、実年齢より上のお芝居をするのが、本当に難しくて……」と本音をちらり。それでも「とにかく年上の方のしゃべり方をまねしたりしながら、どうにか『梅ちゃんも年をとったな』と思ってもらおうと意識しながら演じています」と語っていた。

 ◇収録の合間も「1秒たりとも気を抜いてはいけない」と言い聞かせ

 改めて梅という役について「関内家の3姉妹の中でも特に冷静で、肝が据わっている女の子です」と話す森さん。「でも、第12週でお父さん(光石研さん)があの世から戻ってきたときや、第14週で小説家のライバルでもある幼なじみに再会したとき、『梅って意外と情に厚い子なんだ』と感じた部分があった」といい、「演じていると、人を思いやる温かい気持ちが湧いてきて、自然と涙があふれてきました。私自身も、梅のギャップに驚かされましたね」と告白する。

 また収録現場では「裕一役の窪田正孝さんと音役の二階堂ふみさんが、『もうちょっと、こうした方が面白いんじゃないですか』と監督と相談されているのをよく見るんです」とも明かしていて、「何を話しているのか横で聞いていると、『私もいつかお芝居に生かせるかもしれない』と思えることばかりで。収録の合間も1秒たりとも気を抜いてはいけないと自分に言い聞かせながら、毎回収録に臨んでいます」と勉強熱心な一面をのぞかせていた。

 最後に森さんは、「自分がやってみたいことが出てきたとき、『失敗したらどうしよう』とか、『他の人にそんなの面白くないと言われるかもしれない』と不安になることってありますよね。でも、裕一さんと一緒のシーンで『失敗したらしたでそれでいい。今自分ができる限りのことをやればいい』ということを教わったように思います」と明かすと、「今の実力以上のものが必要かもしれないけれど、やってみたいと感じることは、とりあえずやってみる。それが大事なんだと、『エール』を通じて改めて気づかされました」と実感を込めていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る