麒麟がくる:手塚とおる“朝倉景鏡”を視聴者歓迎 クセ強めで「いい感じにいやらしい」「似合いすぎてヤバい」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第26回に登場した手塚とおるさん演じる朝倉景鏡 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第26回「三淵の奸計(かんけい)」が10月4日に放送され、手塚とおるさん演じる朝倉景鏡(あさくら・かげあきら)が初登場した。

 クセの強い役を数多く務め、“怪優”などと呼ばれる手塚さんは今回が初の大河ドラマ。演じる景鏡は朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)のいとこで家臣。朝倉家臣団の中でも最もクセのある人物とされる。

 第26回では早速、義昭(滝藤賢一さん)の元服と上洛(じょうらく)を一つの流れとする義景に異を唱えると、裏では朝倉家臣の山崎吉家(榎木孝明さん)、足利に仕える三淵藤英(谷原章介さん)と“密会”。怪しい動きで視聴者の関心を誘った。

 SNS上では手塚さんの大河デビューと景鏡の登場を「出た! 手塚とおるさん!!」「やったー! うさん臭い手塚とおるだ!」「出ました悪そうな朝倉景鏡」などと歓迎。「また手塚とおるこんな役か」「さすがとおるちゃん、イラっとするw」「いい感じにいやらしい」「短い場面でも印象に残るからやっぱり手塚とおるさんすごいわー」「朝倉景鏡に手塚とおるってキャスティングが似合いすぎてヤバイw」と好評だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る