35歳の少女:“ブラック”坂口健太郎に反響「初めて見る」「新鮮」 「タラレバ」KEYからの“変貌”ぶりに「ギャップがすごい」の声も

テレビ
連続ドラマ「35歳の少女」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第1話が、10月10日に放送された。劇中では、主人公・望美(柴咲さん)の初恋相手である広瀬結人(坂口健太郎さん)が優しい表情から一変、冷徹に“変貌”する様子や、感情的になり声を荒らげる場面が描かれ、視聴者からは「坂口健太郎にびびった」「意外な芝居」「ドキッとした」「初めて見る坂口健太郎だった」「ブラックな坂口健太郎新鮮……」と驚きの声が上がった。

 ドラマは、遊川和彦さんの脚本で、「○○妻」のほか「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームによるオリジナル最新作。10歳時の1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(両親離婚後は時岡姓)の成長を描く。

 第1話は、お使いを頼まれ意気揚々と出かけた今村家の10歳の長女・望美が、自転車で事故に遭ってしまう。病室で目覚めた望美の目前に広がっていたのは、なんと25年後の現在だった。事故後25年間眠り続けた彼女は、母・多恵(鈴木保奈美さん)の必死の介護で奇跡的に目覚めたのだった。

 しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、格好良かった頼れる父・進次(田中哲司さん)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美(橋本愛さん)は不機嫌でとげとげしい大人に変わり果て、望美自身も心は10歳、体は35歳の「35歳の少女」である自分を受け入れられずにいた。そんな矢先、望美の初恋相手・広瀬結人が目の前に現れ……というストーリーだった。

 ぶっきらぼうな口調の結人を演じる坂口さんに対し、SNSでは「悪い演技はあんまり見たことなかったからびっくりした」「やさぐれ坂口くんもいい……」と反響があったほか、ヒゲを生やした姿に「ひげ生えただけで別人に見える」「意外にひげが似合うから、これまたビックリ!」といったコメントも見られた。

 また坂口さんは、10月7日に放送されたスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」(同局系)では金髪でクールな性格のKEYを演じており、「全然雰囲気違う」「KEYくんと結人くんの振り幅」「坂口健太郎くんのギャップがすごい」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る