麒麟がくる:義昭は“軽いみこし” 滝藤賢一「信長との関係性がどこで狂うのか、楽しみ」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で足利義昭を演じる滝藤賢一さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)は、10月18日放送の第28回「新しき幕府」から「京~伏魔殿編」が本格的にスタートする。足利義昭を演じる滝藤賢一さんは、「上洛(じょうらく)後、義昭は幕府の中でさまざまな策略に翻弄(ほんろう)されていきます。義昭は“軽いみこし”で、みんな将軍家を軽視しているので、誰も義昭の言うことを聞きません」と明かす。一方で、「この後、その中で各大名をまとめて信長(染谷将太さん)を追い込んでいきますが、信長との関係性がどこで狂うのか、信長を討つ覚悟が義昭の中にいつできるのか楽しみです」と期待する滝藤さんが、今後の役どころについて語った。

 10月11日放送の第27回「宗久の約束」で信長と共に上洛を果たした義昭。滝藤さんは、「義昭はとても信長に心酔しており、信長のことを今のところ全く悪く思っていません。今後、信長包囲網をやることが心配になってきました」としながらも、「信長役の染谷君とお芝居するのはとても楽しいです。見透かされているような、何を考えているか分からないような目つきをしていたり、言葉とは裏腹な部分の駆け引きがとても面白いですね」とうれしそうに話す。

 また、滝藤さんによると義昭は「とても孤独な人。頼る人がいません」で、「義昭を将軍にしておけば好き勝手できるとみんながそう思っている中で、唯一本音で話してくるのが光秀(長谷川さん)と駒(門脇麦さん)だけで、義昭も本音を言えるのはその2人だけだと思っています」と役の気持ちを代弁。

 さらに、義昭と光秀との関係性を「自分の利益ではなく麒麟がくる世の中にするために努力する、光秀の真っすぐさや純粋さに共感したのではないでしょうか」と推測し、「義昭は最後まで覚慶を捨てず、ずっと純粋なお坊様のままでいると思います」と予想していた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る