#リモラブ:“八木原”高橋優斗&“五文字”間宮祥太朗の「真っすぐさ」に反響 「登場人物みんな可愛い」の声も

連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第4話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」第4話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第4話が、11月4日に放送された。八木原(高橋優斗さん)が、彼女の栞(福地桃子さん)の親に交際を認めてもらえるようあいさつしに行く様子や、美々(波瑠さん)に思いを寄せる五文字(間宮祥太朗さん)がSNSのやり取りの相手「檸檬(れもん)」だと偽って近づいたことを正直に打ち明ける姿に、視聴者からは「偉い!」「真っすぐ」「素直」「すてき」「良い子」といった反響が寄せられた。

 ドラマは、「きょうは会社休みます。」「世界一難しい恋」を手掛けたチームによる“恋愛弱者のラブコメ”第3弾。波瑠さん扮(ふん)する恋をさぼってきた“おひとり様”大桜美々の久しぶりの恋を描く物語で、美々が恋する相手は社内にいるという設定。脚本は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの水橋文美江さんが担当する。

 第4話では、栞の亡き母親の誕生日をお祝いするため、八木原が居酒屋「おと」を訪れ、今まで栞の“友達”として自分を紹介していた父親のひろ吉(西堀亮さん)に、「ウソをついてすみません! 実は以前から真面目な気持ちで栞さんとお付き合いしています。きちんとごあいさつしようと思っていました」と告白。「お付き合いを許していただけますか。お願いします」と頭を下げ、無事に交際を認めてもらえることとなった。

 一方、五文字は美々に「僕、ウソついてました。美々先生と近づきたくて、話に乗っかってウソついたんです。僕は『檸檬』じゃないし、『檸檬』が誰かも知りません」と打ち明け、ひざまずいて謝罪。美々は「正直に言ってくれたから」と五文字を許し、「『檸檬』が誰かはもういい」と告げる。すると、五文字は「もし『檸檬』のことはもういいって言うなら、僕じゃダメですかって言っちゃダメですか?」と思いを伝える……という展開だった。

 SNSでは、「八木原くんも五文字さんも可愛いなあ」という声をはじめ、「みんな真っすぐ」「登場人物みんな可愛い」「いとおしい」「キャラクターみんな好きになっちゃう」といった感想も見られた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る