麒麟がくる:藤吉郎の“飛ばぬ虫”は「ヒメマイマイカブリ」 担当演出が“起用理由”明かす

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第31回「逃げよ信長」の一場面 ヒメマイマイカブリを手にする藤吉郎(佐々木蔵之介さん) (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第31回「逃げよ信長」が11月8日に放送された。同回では、信長(染谷将太さん)の撤退戦(金ケ崎の退き口)で、藤吉郎(佐々木蔵之介さん)が殿(しんがり)を志願する際、自身を重ねた“飛ばぬ虫”が視聴者の関心を誘った。

 狭い地べたをはい回って一生を終える飛べない甲虫の名は「ヒメマイマイカブリ」。同回の演出担当・一色隆司さんは「甲虫は、地表徘徊(はいかい)性甲虫『ヒメマイマイカブリ』です」と切り出すと、「動物プロが頼りにしている先生から、昔からいたであろう甲虫というお墨付きをもらっての起用です。マイマイカブリよりも自然界で捕まえやすく、大きくて見栄えがしつつ、握りやすいというのもこの甲虫を選んだ理由でした」と“起用理由”を明かした。

 第31回は、ついに越前へ向けて出兵を開始した信長。破竹の勢いで敦賀まで制圧をする。しかし、朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)のいる一乗谷まであと一歩に迫った金ケ崎で、浅井長政(金井浩人さん)が信長を突然裏切り、背後から迫ってくる。

 朝倉・浅井に挟まれ絶体絶命の信長軍。このまま前進するという信長を、光秀(長谷川さん)は「織田信長はいま死んではならない、逃げるべし」と強く説得。それは数万の兵を率いた熾烈(しれつ)な退却戦の始まりだった……という展開。有名な「金ケ崎の退き口」が描かれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る