35歳の少女:第7話視聴率7.7% 柴咲コウが“家出” 坂口健太郎の言葉に絶望…

テレビ
連続ドラマ「35歳の少女」第7話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)第7話が11月21日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 ドラマは、遊川和彦さんの脚本で、「○○妻」のほか「家政婦のミタ」「同期のサクラ」の制作チームによるオリジナル最新作。10歳時の1995年に不慮の事故で長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(柴咲さん、両親離婚後は時岡姓)の成長を描く。

 第7話では、望美から両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人(坂口健太郎さん)が、望美を連れて実家へ。そこで望美は、実は結人の両親が犬猿の仲で、結人は2人の関係が嫌になり、長い間会わずにいたことを知る。望美は結人と両親を仲直りさせようと考えるが、結人と言い合ってしまう。

 そんな中、多恵(鈴木保奈美さん)が家族を時岡家に集め、突然、家を売ると告げる。すると、家族が再び言い争いを始め、25年の間に変わり果てた家族の姿に心からがっかりした望美は、「みんなが無駄にした時間、あたしにちょうだい!」と吐き捨てて時岡家を後にする。

 アパートに帰った望美は、結人が自分の信じる教育方針を否定するような小学校に就職したと聞き、自分のために妥協したという結人の言葉に絶望。荷物をまとめて結人のアパートを出て行く……というストーリーだった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る