エール:最終回コンサートに福島三羽ガラス 最後のそろい踏み? 山崎育三郎「打ち上げみたいな感覚」

NHK連続テレビ小説「エール」の最終回「『エール』コンサート」の一場面(左から)裕一(窪田さん)、鉄男(中村蒼さん)、久志(山崎育三郎さん) (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「エール」の最終回「『エール』コンサート」の一場面(左から)裕一(窪田さん)、鉄男(中村蒼さん)、久志(山崎育三郎さん) (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)。11月27日放送の最終回は、NHKホール(東京都渋谷区)を舞台にした「コンサート」という異例の内容となる。本編としてのドラマパートは一切入らず、主人公・裕一(窪田さん)のモデルとなった福島県出身の作曲家・古関裕而さんの数々の名曲を、人気キャラクターたちが歌いつなぐ。ステージ上で裕一、鉄男(中村蒼さん)、久志(山崎育三郎さん)の“福島三羽ガラス”が並び立つシーンもある。

 “福島三羽ガラス”の最後のそろい踏みとなる予定で、コンサートでは鉄男のギター伴奏で、久志が裕一の最初のヒット曲「船頭可愛いや」を歌い上げる。

 鉄男役の中村さんは「これまでドラマの収録で長い間近くにいすぎたせいで、意識しなくなっていましたが、コンサートを通して、改めてすごいメンバーと共演していたんだと感じました。圧倒されました」とコメント。「これまでも、古関裕而さんが作られた名曲で元気づけられた人がたくさんいると思います。このコンサートを通して、歌の力をさらに感じていただける、『エール』の集大成になっていると思います!」と振り返った。

 久志役の山崎さんも、「裕一の夢の世界のようなファンタジーに満ちあふれた豪華な回になったと思います。僕も鉄男のギター演奏を指名させてもらったり、藤堂先生(森山直太朗さん)と共演させてもらったり、さながら『エール』の打ち上げみたいな感覚になりました」と明かす。「ミュージカルで活躍しているメンバーの魅力や古関裕而さんの楽曲の素晴らしさも伝えるコンサートになっていますので、ぜひお楽しみに!」と視聴者に呼びかけた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る