七人の秘書:江口洋介“萬敬太郎”と黒幕・粟田口の因縁が明らかに 第7話は「これまでとはスケール感が違う」

テレビ
連続ドラマ「七人の秘書」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)第7話が12月3日木曜午後9時から放送される。第7話では、江口洋介さん演じる萬敬太郎の過去が明らかとなり、物語の黒幕であり、望月千代(木村さん)ら“影の軍団”の敵である財務大臣・粟田口十三(岸部一徳さん)との因縁が描かれる。

 現在は“影の軍団”の元締めとして、秘書と共に人助けを請け負うラーメン店の店主・萬だが、過去には粟田口に心酔し、粟田口のために尽くしていた。そんな粟田口に、収賄の罪を着せられて刑務所に入れられた萬は、政治家として、一人の人間としても信頼していた人物から受けた非情な仕打ちを許すことができず、復讐(ふくしゅう)を誓った。

 江口さんは「萬は刑務所を出てから、粟田口への復讐を目的に生きてきたんですが、あまりにも敵が大きすぎて、なかなかその方法が見つからなかったと思うんです。そして、いざ実際に行動に移したとしても『ほかのメンバーに自分と同じような辛い経験をさせてしまうことになるんじゃないか』と自分のこと以上に恐怖を感じてもいる……。でもそんな萬が千代の正義感に引っ張られて、粟田口を追い詰めていくことになります。七人に追い詰められて、最後に粟田口がどうなるのかが楽しみですね」とコメント。

 萬の過去が明らかになるほか、“影の軍団”のメンバーのパク・サラン(シム・ウンギョンさん)が姿をくらます第7話について、「これまでとはスケール感が違う緊迫感の中、七人が集結して日本のドンに立ち向かっていく姿に注目していただければと思います」と語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る