麒麟がくる:松永久秀、壮絶に散る! 吉田鋼太郎「本能の赴くまま」「結果、断末魔の叫びに」 

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第40回の一場面 吉田鋼太郎さん演じる松永久秀 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第40回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」が1月10日に放送され、吉田鋼太郎さん扮(ふん)する松永久秀の壮絶な“最期”が描かれた。

 大河ファン、歴史ファンから早くから期待の声が上がっていた「爆死」こそしなかったものの、メラメラと燃えさかる炎の中、咆哮(ほうこう)しながら派手に自害してみせた松永。役を演じた吉田さんは「松永としては、信長を見すえながら腹を裂くという思いでした。非常に心残りだったと思います。演じる上では、全編を通じて、何を考えているのか分からないような人物として演じてきたので、最期も飄々(ひょうひょう)と死んでいくという方法もあったのかもしれません。ただ、僕自身どうもしっくりこなかったので、やはり自分自身の本能の赴くままに演じてみたんです。その結果、断末魔の叫びというか、信長に対する咆哮を上げつつ息絶えるという演技になったんです」と明かしている。

 一方で、「ただ『麒麟がくる』での救いは、松永には自分のすべてをさらけ出せる明智光秀という心の友がいたということ」という吉田さんは、「松永の最期の心情の中には、『光秀ありがとう』という思いもどこかに含まれているんだということを、視聴者の方にくみ取っていただけるとうれしいなと思いますね」と呼びかけた。

 最後に吉田さんは「史実であるかどうか分かりませんが、実は、爆死したかったという思いもちょっとはありまして、もしそうであれば、それこそ皆さんの想像をはるかに超えたすさまじいものにしたかったなと」と本音をのぞかせつつ、「とはいえ、松永の心情としては、40回を通じてそれと同じくらいのピークを迎えられたと感じていますし、池端(俊策)さんが描かれた松永の最期を演じられて心から良かったと思っています」と話していて、「ですので、お願いですから、『爆死じゃないのか』とガッカリしないでください」と締めくくった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る