麒麟がくる:「平蜘蛛」めぐる光秀のウソ ほかの者ならその場で首をはねていた? “信長”染谷将太が見解

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第40回の一場面 染谷将太さん演じる織田信長 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第40回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」が1月10日に放送され、吉田鋼太郎さん扮(ふん)する松永久秀の壮絶な“最期”が描かれた。

 大河ファン、歴史ファンから期待の声が上がっていた「爆死」こそしなかったものの、メラメラと燃えさかる炎の中、咆哮(ほうこう)しながら派手に自害してみせた松永。その死後、松永が命の次に大事にしていた天下一の茶釜「平蜘蛛」の行方を信長(染谷将太さん)に問われ、光秀(長谷川さん)が肝を冷やすシーンがあった。

 全てを見抜いた上で、ゆっくりと真綿で首を絞めるように光秀を問い詰めた信長。思わずウソをついてしまった光秀を、それ以上、追及はしなかったものの、信長の言動に恐怖する視聴者も多かった。

 信長役の染谷さんはドラマの公式ツイッターで、「平蜘蛛の件では、十兵衛(光秀)を試したのだと思います。でも、ウソをつかれてしまった。ほかの者ならその場で首をはねていたかもしれない……だけど、十兵衛のことはこれからも頼りにしたいのでそれはできない。信長にとって十兵衛は、そういう掛けがえのない存在なんです」と明かした。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。ドラマは2月7日に最終回を迎える。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る