志田未来:“演技派”イメージも実は「小心者のビビり」 “母”への憧れと思いも

連続ドラマ「監察医 朝顔」シリーズで安岡光子を演じている志田未来さん
1 / 3
連続ドラマ「監察医 朝顔」シリーズで安岡光子を演じている志田未来さん

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)で、法医学者の安岡光子を好演している女優の志田未来さん。志田さんは7歳でデビューし、今年でキャリア21年目を迎える。幼いころから“演技派”として注目され、今もなお、第一線で活躍し続ける志田さんの素顔、女優としての“現在地”とは……。

 ◇「女王の教室」で作品作りの「大変さと達成感」を実感

 志田さんは、1993年5月10日生まれの27歳。2000年にTBS系の昼帯ドラマ「永遠の1/2」で女優デビューを果たし、その後、さまざまな映像作品に出演。「日本アカデミー賞」新人賞や、「エランドール賞」など数々の賞を受賞してきた。

 キャリアの中で一番印象的だった作品として、連続ドラマ初レギュラー出演を果たした2005年放送の連続ドラマ「女王の教室」(日本テレビ系)を挙げる志田さん。当時、小学生だった志田さんだが「みんなで一つの作品を作り上げる大変さと達成感を小学生ながらに実感しました」と語り、「ドライ(リハーサル)、立ち位置、タイミングなど撮影で使う用語をたくさん覚えました(笑い)」と専門用語も吸収したという。

 2006年には、高視聴率を獲得した「14才の母」で、中学生にして妊娠し、周囲の反対を押し切って出産に踏み切る主人公を好演。放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する「ギャラクシー賞」も受賞した。当時、中学生だった志田さんは「撮影と学校の両立で大変でした。学校のテストや体育祭などやらなきゃいけないことが多かったし、たくさんの方が見てくださっているという実感はなく、いっぱいいっぱいでした」と語り、「撮影が終わった後に、人気を知った感じでした」と振り返る。

 そんな志田さんだが、女優として大きな転機となったのが大ヒットドラマ「ずっとあなたが好きだった」(TBS系)、「踊る大捜査線」(フジテレビ系)シリーズなどの脚本を手掛けた君塚良一さんが監督を務めた2013年公開の映画「遺体 明日への十日間」だったと明かす。志田さんは「せりふはあるのですが芝居の動きに関しては自由でした。共演者の方もおのおの動くので、自分が想像していた演技ができず、臨機応変にお芝居する必要性を学びました」と話す。

 そして、同年放送の連続ドラマ「信長のシェフ」(テレビ朝日系)の夏、2014年放送の連続ドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」(日本テレビ系)の青山翔、2019年放送の「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)の神田和実など、確かな演技で存在感を放ち続けてきている。

 ◇台本届いた日に“線引き” せりふ「ちょこちょこ覚えないと怖い」 “母”への憧れも

 さまざまな作品で堂々たる演技を見せてきた志田さんだが、自身の性格は「小心者のビビり」と語る。「昔から、台本をいただいた日にすぐ開いて、(せりふなどに)線を引いて、ちょこちょこ覚えていかないと怖いんです(笑い)。せりふを忘れたらどうしよう、撮影を止めて迷惑をかけてしまう。そういうことばかり考えてしまうんです」と意外な一面を明かす。

 強いインパクトを与えるキャラクターを数多く演じてきた志田さん。しかし、演じる役は、10年以上、担当してきたマネジャーに任せてきた。「私がお仕事を選んでしまうと、自分がお芝居しやすい作品に偏ってしまうと思うんです。マネジャーさんが『今はこの役』『こういう役をやったから次はこの役』ってバランスを見て、今の私に必要なお仕事を選んできてくださった。私のことをよく理解してくれていると思いますし、すごく信頼しています」と語り、満面の笑みを見せる。

 せりふ覚えは緻密、一方、演技は固めず即興性を大事にしている。今回の「監察医 朝顔」で演じている光子については「第1シーズンでは学生。今は法医学者となり、作品と共に成長している役です。“ご遺体”に対する気持ちの向け方など、光子から学ばせていただいてることが多く、光子と一緒に私自身も人として成長していっています」と共通点を語る。光子といえば、会話の中で毒を吐いたり、持ったアイスを溶かしながらも、山口智子さん演じる茶子と、大谷亮平さん演じる若林の密会をのぞくなど、チャーミングな一面を見せており、「演じていてすごく楽しいです。私にとっては“お芝居しやすい役”ですね(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに語っていた。

 光子のチャーミングな芝居は監督のアイデアだったと明かしながら、志田さんは「自分から、もっともっとアイデアを提案できるようになりたいです。まだ、作品の中で抜くポイントがつかめていません。もっともっと表現の幅を広げていきたいです」とさらなる演技力向上への意欲を見せる。

 まもなく30代を迎える志田さんに、現時点での理想の女性像について聞くと「私はずっと母に憧れ、尊敬しています。いつも前向きで周囲を引っ張るタイプ。用意周到なところもあって、そこは似ているかもしれません(笑い)」と胸を張る。そして、「最近、お母さんになりたいなという思いも出てきました。一番の理想は幸せな家庭を築きつつ、お仕事もバリバリしたいです」と声を弾ませる。演じてみたい役でも「お母さん役をやってみたいです。問題を抱えたお母さんは何度か演じてきたのですが、次は幸せな家庭のお母さん。ホームコメディーとかに挑戦してみたいです!」と目を輝かせていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る