麒麟がくる:「本能寺ゲージがぁぁぁ」 信長が光秀を連続で殴打「申せ!」「申せ!」「申せー!!」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第42回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第42回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第42回「離れゆく心」が1月24日に放送され、光秀(長谷川さん)が怒り狂う信長(染谷将太さん)に殴打されるシーンが登場した。

 信長から、嫡男の信康を「殺せ」と命じられていると家康(風間俊介さん)に告げられた光秀は、信長に意見するも聞き入れてもらえず、逆に帝(みかど)=正親町(おおぎまち)天皇(坂東玉三郎さん)に御所に招かれた際、どんな話が出たのかと問い詰められてしまう。

 自分のことについて帝が何か言ったのではないかと完全に疑心暗鬼の信長を前に、それでも「帝のお言葉は他言をはばかるべし」と口を割らない光秀。ついに怒りが頂点に達してしまった信長は、光秀の「平にご容赦を」との言葉をはねつけ、「申せ、十兵衛、申せ」「おのれ……、申せ!」(ペシッ)「申せ!」(ペシッ)「申せ!」(ペシッ)「申せ!」(ペシッ)「申せー!!」(ペシッ)(ペシッ)(ペシッ)(ペシッ)(バシッ)と光秀を連続で殴打。信長は「なぜじゃ、なぜこうなる」とつぶやくと、「帝を代えよう。譲位していただこう」と一人決心する……。

 SNSでは「あぁ本能寺ゲージがぁぁぁ」「本能寺ゲージが溜まる音ぉ」「どんどん上がる本能寺ゲージ」「本能寺ゲージぐんぐんぐん」「本能寺ゲージがガンガン上がってるぜ」などと視聴者は反応。「あーこれは十兵衛がキレても仕方がない……」「一気に本能寺の変に向かうなぁ……」といった意見も多かった。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。放送は残り2回で、2月7日に最終回を迎える。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る