青のSP-学校内警察・嶋田隆平-:第7話 “嶋田”藤原竜也は“涼子”真木よう子の過去を調査 “三枝”山田裕貴がスクールポリスに

連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第7話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 5
連続ドラマ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」第7話のワンシーン=カンテレ提供

 俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第7話「極貧生徒救え」が2月23日に放送される。

 国語教師の浅村涼子(真木よう子さん)は、遅刻や欠席が増え、体が痩せてきた3年1組の深山敏春(田中奏生さん)が気になり、ネグレクトを疑う。クラブで働く母親と祖母の3人で暮らす深山の生活状況は思った以上に深刻だった。

 そんな中、生活安全課少年係の三枝弘樹(山田裕貴さん)が嶋田(藤原さん)をサポートするため、スクールポリスに就任する。ある事情で深山の過去を知る三枝は、涼子と共に助けようと思案するが、その矢先、金に困った深山がある行動に出る。

 一方、嶋田は、1年前に死去した音楽教師の小川香里(明日海りおさん)と涼子が、3年1組の涌井美月(米倉れいあさん)の暴行事件を巡って口論をしていた事実をつかむ。当時、臨時教員だった涼子が香里の死と同時に本採用になったこと、以前、勤めていた学校での不可解な行動が気になり、調査を始め、涼子が前の学校を退職した理由を知る……。

 ドラマは、警視庁捜査1課の敏腕刑事からスクールポリスとして公立赤嶺中学校に配属された嶋田が、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、教師のハラスメントなど学校の闇をあぶり出し、教師、生徒を問わず法に触れれば容赦なく逮捕する姿を描く学園エンターテインメント。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る