来週のおちょやん:第13週「一人やあれへん」 一平、二代目襲名拒否のワケ 父親に恨み

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第13週の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第13週の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、3月1日から第13週「一人やあれへん」に入る。

 千代(杉咲さん)は、放火騒ぎがすべて、弟のヨシヲ(倉悠貴さん)のしたことだったと、劇団の仲間たちに謝る。一方、一平(成田凌さん)は千代と一つ屋根の下にいることが気まずくなり、部屋を借りて一人で暮らすことにする。そんなとき、突然、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎さん)が一平の家にやってくる。鶴蔵は、一平に親父の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するように伝える。一平はそれをすぐに断るが、これは社命で、絶対にやらなければならないと鶴蔵は言う。

 もし一平が襲名を断れば、一座が存続できないかもしれない、と劇団員たちは大騒ぎする。そのうち、千代は、一平が襲名をしたくない理由に父親への恨みがあることを知る……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代が、華やかな芝居の世界に魅せられ、自らも女優を目指すようになる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る