青天を衝け:朝ドラより一足早く 川栄李奈“美賀君”→上白石萌音“篤君”で姫君リレー実現

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第6回に登場した美賀君役の川栄李奈さん(左)と篤君役の上白石萌音さん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第6回に登場した美賀君役の川栄李奈さん(左)と篤君役の上白石萌音さん (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第6回「栄一、胸騒ぎ」が3月21日に放送され、川栄李奈さん演じる美賀君と、上白石萌音さん演じる篤君(天璋院)が初登場した。2021年度後期の連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」でヒロインを演じる川栄さんと上白石さんは続けて画面に現れ、朝ドラよりも一足早く“リレー”が実現した。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

 川栄さん演じる美賀君は、病にかかった婚約者に代わって一橋家にやってきた慶喜の正室。一橋家の未亡人である徳信院(美村里江さん)と慶喜の恋仲を疑い、自殺未遂の騒動を起こすも、やがて慶喜の良き理解者となる……。

 一方、上白石さん演じる篤君は、薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら、新納慎也さん)の養女から、徳川家定(渡辺大知さん)の正室となる。実は、家定に後継として慶喜を認めさせるという密命を背負っていたが、家定が早世。天璋院と名乗り、徳川の女性として生きる決心をする……という役どころだ。

 美賀君役の川栄さんが登場すると、SNSでは「美賀君!?」「りっちゃん!」「慶喜の嫁きたー!」「川栄、可愛い」「美賀さま、かわいいー」などと視聴者は反応。また、続いて登場した篤君役の上白石さんに対しても「篤君も薩摩藩邸にお出ましー!!」「薩摩弁がかわいい篤姫」「カムカムエヴリバディのヒロインが2人も」「川栄様からの篤姫様、素晴らしい!」「次々期朝ドラヒロインがひと足先に大河に登場」と盛り上がりを見せた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る