ガールガンレディ:6日スタート“大人向け特撮ドラマ” 次世代ヒロイン・白石聖演じる立花小春とは

連続ドラマ「ガールガンレディ」で白石聖さん演じる主人公・立花小春 (C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP
1 / 1
連続ドラマ「ガールガンレディ」で白石聖さん演じる主人公・立花小春 (C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

 MBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で4月6日からスタートする連続ドラマ「ガールガンレディ」。バンダイスピリッツ原案、ADKエモーションズ企画による、“新時代の大人向け特撮ドラマ”で、学校を舞台に、女子高生たちがプラモデルの銃を使って、生き残りを懸けたバトルを繰り広げる……というオリジナルストーリーが展開する。同作には、気鋭の若手女優から、人気のグラビアアイドルまで個性豊かなキャスト陣が集結。ここでは、近年ドラマや映画で活躍目覚ましい次世代ヒロインの一人、白石聖さん演じる主人公・立花小春を紹介する。

 ◇プラモデル作りが唯一の趣味? 立花小春のキャラクターは…

 立花小春は、女子校では友達がおらず、地味で居場所がない高校2年生。プラモデル作りが唯一の趣味で、学校帰りに立ち寄った骨董(こっとう)屋で購入したプラモデルをきっかけに、脱出不能のサバイバルゲーム「ガールガンファイト」に参加することとなる。

 バトルでは恐怖のあまり逃げ惑い、同じ学校の生徒を撃つこともできずに悩むが、得意のプラモデル作りで、パラレルワールドでの才能を開花させていくことになる。

 ◇「ガールガンレディ」のストーリー

 女子校で居場所を見いだせない地味な女子高生・小春。影の薄い彼女はいつも一人で過ごしていた。そんな彼女の唯一の趣味は、プラモデルを作ること。ある日、学校帰りに立ち寄った不可思議な骨董屋で、店長に勧められ「銃」のプラモデルと「アリス」という名前のフィギュアを購入する。

 夢中になって組み立てたその日の夜。目が覚めると彼女は、銃弾が飛び交う学校にいた。目の前には、小春が組み立てた「アリス」がまるで人間のように動いてプラモデルの「銃」を手渡し、小春に戦いの始まりを告げる。その名も、「ガールガンファイト」。それは、銃で同級生を撃たなくては生き残れない、壮絶な悪夢の始まりだった……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る