鎌倉殿の13人:八重役・新垣結衣 初大河&三谷幸喜作品初参加「全て楽しみながら真摯に」

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で八重を演じる新垣結衣さん
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で八重を演じる新垣結衣さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、八重を演じることが決まった新垣結衣さんがコメントを発表。「大河ドラマ、そして三谷幸喜さん脚本の作品への出演は初めてになります。三谷さんが『新しい大河を作りたい』と会見でおっしゃっていて、どんなことになるのかますます予想もできません。それも全て楽しみながら真摯(しんし)に向き合っていけたらと思います」と思いを明かした。

 演じる八重は、“主人公・北条義時(小栗さん)の初恋の人”にして、源頼朝(大泉洋さん)にも愛される女性だという。新垣さんは「つらい宿命を抱えながらも心に宿した愛を生涯失うことがなかった、ある意味では秘めた強さを持った女性なのではないかと想像します。諸説ある中、断片的ではありますが八重の人生を知ったとき、微(かす)かに胸が震えるような気がしました」と話していて、「今作での八重がどのように色付けされるのか楽しみにしています」と期待を寄せた。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る