鎌倉殿の13人:西田敏行、後白河法皇役「私なりのアタックの仕方で」 「おんな太閤記」臨終シーン秘話も

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で後白河法皇を演じる西田敏行さん
1 / 1
2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で後白河法皇を演じる西田敏行さん

 三谷幸喜さんが脚本を手掛け、小栗旬さんが北条義時役で主演を務める2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、後白河法皇を演じることが決まった西田敏行さんがコメントを発表。「オファーがあってから、後白河法皇という人物に興味が湧いてきました。私なりのアタックの仕方で、一般的な後白河法皇とはイメージが違うかもしれないけど『俺が演じた後白河法皇が真実だ』、というくらいリアリティーをもって演じたい」と役に懸ける思いを語った。

 続けて、西田さんは、「三谷さん流のアイデアと独特のユーモアセンス、歴史観、人生観が相まった脚本になってくると思います。役者としてフィールドを広げ、堂々と受けて立ちたい」と意気込んだ。

 また、今回で14度目の大河ドラマ出演となる西田さんは、「1年というスパンで物語を紡いでいくのは世界に類を見ないもの。そういうモノづくりの時間が日本にはまだ存在するという事実。これまでそういう矜持(きょうじ)、誇りを持って毎回スタジオ入りしてきました」と振り返る。

 さらに「大河にはたくさん出演しましたが、どれも思い出深い。主演した『おんな太閤記』(1981年)では、ホームドラマ的要素が強くて、ねねたちとファミリアを明るく演じる一方、出世とともに家族とは望まない方向にいってしまう秀吉を演じました。臨終のシーンでは原点に戻り、庭でミミズを愛でながら死ぬアイディアを提案したら橋田壽賀子さんがそのように書いてくださった」とエピソードを披露。

 「『ゴッドファーザー』の恐るべきドン・コルレオーネ、マーロン・ブランドが、孫と遊んでいる最中に庭で倒れるのと同じイメージですね。権力を手にしていくのと同時に何かを失っていくのは、今回の北条家の物語にも通じるものがありますね」と持論を披露した。

 「鎌倉殿の13人」は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマとなる三谷さんが贈る予測不能のエンターテインメント作。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男、鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る