泣くな研修医:恒松祐里、主人公・白濱亜嵐との恋模様も ドSっぷりもお楽しみ?

連続ドラマ「泣くな研修医」で恒松祐里さんが演じる中園くるみ=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「泣くな研修医」で恒松祐里さんが演じる中園くるみ=テレビ朝日提供

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さん主演で4月24日にスタートする連続ドラマ「泣くな研修医」(テレビ朝日系、土曜午後11時)。同作で恒松祐里さん演じる、1年目の研修医で、主人公・雨野隆治(白濱さん)と同期の中園くるみを紹介する。

 ◇銀座クラブでバイト経験も だんだんと雨野のことが気になり始め…

 ドラマは、現役外科医の中山祐次郎さんの小説デビュー作にしてベストセラーとなった同名小説(幻冬舎文庫)が原作。医師でありながら何も分からない研修医たちの青春群像劇とともに、現代の医療界が抱える問題を描く。

 恒松さん演じるくるみは、雨野ら同期と先輩医師に厳しい指導を受けながら一人前の医師を目指すべく奮闘する1年目の研修医。東京都足立区で生まれ育ち、幼いころに両親が離婚してから、母と二人三脚で暮らしてきた。貧困な生活を経験したので、「金がすべてだ」「強くなくては、生きていけない」という思考を持つ。学生時代、学費を稼ぐため、銀座のクラブでアルバイトをしていた経験もあり、年上の男性との付き合い方が上手。

 目標は外科医になること。最初は同期ともある程度の距離をとり、また優等生タイプゆえ、雨野の要領の悪さにもあきれがちだったが、だんだんと雨野のことが気になり始める。

 恒松さんは「くるみは本当に負けん気が強くて、同期とか仲間とか関係なく、『私は私』と自分を持っている子。強くて器用な、いわゆるデキる研修医だと思います。だからこそ、隆治の不器用さにあきれるのですが、次第にその一生懸命さに心打たれたり、同期たちとの関係を深めていく中で、だんだん自分の弱さも見せられるようになっていきます。回を重ねるにつれ、人間としても成長していけたらいいですね」とコメント。

 「『泣くな研修医』はすごく真剣なところと、面白いところがちょうどいいバランスで作られているドラマだと思うので、すごく見やすいドラマだと思います。特に研修医室でのシーンは面白いことが起こることが多いので、土曜の夜に少しでも笑いを届けられたらいいなと思っています。ドSのくるみもお楽しみに!」とアピールしている。


 ◇「泣くな研修医」初回ストーリー

 地方の大学を卒業した雨野隆治は、一日も早く一人前の医師になるという夢を持ち、研修医としてやる気に満ちていた。しかし、待っていたのは、「兵隊」「伝書鳩」「さすまた」と言われ、医師たちが機嫌良く仕事ができるようにするため、サポートという名の雑用をこなす毎日。

 その上、患者を前にしてもまともに動けず、救急患者が運ばれてきたときにはうろたえるばかりで、何もできないどころか器材をばらまいてしまう始末。理想と現実は程遠く、結局、救急患者は指導医の佐藤玲(木南晴夏さん)が全て行うことになった。だが、隆治は、同期研修医の川村蒼(野村周平さん)、滝谷すばる(柄本時生さん)、中園くるみには、見えを張ってまるで自分がやったかのように語り出す。

 そんなある日、14歳の女の子が母親に付き添われながら、腹痛で救急外来にやってくる。虫垂炎と診断され、手術は後日行われることになったが、どの医師も「忙しい」と互いに押し付け合って誰もやりたがらず、隆治に振られることになる。そんな中、病院内でトラブルが発生。川村と滝谷が取っ組み合いのケンカを起こす……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る