おちょやん:一平と灯子の謝罪に視聴者「朝から緊張感」も… 千代の“返し”に「最高」 

NHK連続テレビ小説「おちょやん」のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」のワンシーン (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午後8時)の第113回が5月12日に放送され、一平(成田凌さん)と灯子(小西はるさん)が、千代(杉咲さん)に謝罪するシーンが登場。SNSでは、「THE 修羅場」「朝から緊張感」「千代ちゃんと一平と灯子が話しできてよかった」といった反響が寄せられた。

 同回では、謝罪した一平と灯子に対して、千代は「うん、うん」とうなずいたあとに、「よし、だんない。大丈夫」とつぶやく姿が描かれた。「2人の謝罪に対する千代の受け応え、最高やった」「千代…強いな」「呼吸の間合いがいい」「千代ちゃんなあ、人が良すぎるのよ」「一平、灯子の気持ちを楽にして、自分の気持ちも解放したね」と千代の“返し”に対してさまざまな書き込みも見られた。
 
 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る