おちょやん:「望むところだす!」千代ちゃん、新喜劇“再登板”へ 「頑張れ!」と声援の嵐 

NHK連続テレビ小説「おちょやん」のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」のワンシーン (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午後8時)の第113回が5月12日に放送され、千代(杉咲さん)が、「鶴亀新喜劇」の舞台に再び立つことを一平(成田凌さん)に報告するシーンが登場。千代の“再登板”に対して、SNSでは「千代ちゃん、頑張れ!!」「再びの喜劇頑張れ」「再び舞台に出るか千代!」と千代への声援が続々寄せられた。

 同回では、一平が「やるからには手抜けへんで」と“忠告”すると、千代は「望むところだす!」と確固たる決意を表明。「同じ芸に生きる、舞台のプロ同士ならではの会話」「再び鶴亀新喜劇の舞台に立つのは胸熱展開」「本当の意味で人生を前に踏み出せた」「舞台に立つ決断をして、千代はまた自分で乗り越えた」といった感想も書き込まれた。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る