おかえりモネ:あと5日! 清原果耶主演朝ドラキャラ紹介 でんでん演じる川久保博史 意外な趣味も?

5月17日から放送される連続テレビ小説「おかえりモネ」ででんでんさん演じる川久保博史 (C)NHK
1 / 1
5月17日から放送される連続テレビ小説「おかえりモネ」ででんでんさん演じる川久保博史 (C)NHK

 女優の清原果耶さん主演で、5月17日から放送される2021年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(NHK総合、月~土曜午前8時ほか)。「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送るヒロイン・永浦百音(ももね、清原さん)が、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語となる。スタートまであと5日。ここでは、でんでんさん演じる川久保博史を紹介する。

 ◇誰よりも森の未来を考えている、森林組合の古参職員

 川久保博史は森林組合の古参職員。木に関する豊富な知識と経験を買われ、定年後も嘱託として勤めている。一見のほほんとしているが、誰よりも森の未来を考え、新事業開拓にも積極的に取り組む。

 また、登米出身である石ノ森章太郎の大ファンで、語り始めると止まらないという一面もある。

 ◇第1週「天気予報って未来がわかる?」あらすじ

 「おかえりモネ」は第104作の朝ドラで、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系、2017年)や「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)と話題作を次々と手掛ける安達奈緒子さんによるオリジナル作品。

 第1週では、2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った百音(清原さん)は、高校卒業を機に、内陸の登米市の大山主・新田サヤカ(夏木マリさん)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。娘が心配な父・耕治(内野聖陽さん)は、頻繁に百音に電話をするが、百音は仕事が忙しく中々連絡が取れない。そんなある日、東京から人気の気象キャスター・朝岡(西島秀俊さん)が、登米にやって来て町は大騒ぎ。実は朝岡はサヤカと、ある縁があった……とストーリーは展開する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る