おちょやん:明日最終回 ドラマCP見どころ語る 千代と一平の舞台「無事成功するのか」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」最終回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」最終回の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)が5月14日に最終回を迎える。ドラマの制作統括・櫻井壮一チーフ・プロデューサーが13日、コメントを発表。「およそ半年にわたって放送してきました『おちょやん』が、いよいよあす千秋楽を迎えます。これもひとえに皆様のご支援のたまものと、心より感謝申し上げます」としている。

 最終回の見どころについて「千代(杉咲さん)と一平(成田凌さん)の集大成といえる『お家はんと直どん』の舞台は無事成功するのか。そして、これまでさまざまな困難に向き合い、乗り越えてきた千代が行き着く場所はどのようなものなのか。千代がつかんだ、家族、幸せ、覚悟、希望を丸ごと見届けていただけるとうれしいです。波瀾(はらん)万丈で、泣き笑いの人生を歩んできた千代の物語を、ぜひ最後までお楽しみください」と語っている。

 5月14日の最終回では、女優・竹井千代が、再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席には春子(毎田暖乃ちゃん)や岡福うどんのシズ(篠原涼子さん)たち家族はもちろんのこと、岡安のかめ(楠見薫さん)らお茶子たち、さらには、長澤(生瀬勝久さん)や当郎(塚地武雅さん)をはじめとしたラジオドラマの出演者・スタッフまで、千代の晴れ舞台に駆けつける。舞台「お家はんと直どん」は、終始笑いに包まれながら、千代と一平の2人の場面に突入し……。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る