赤楚衛二:中島健人&小芝風花W主演「彼女はキレイだった」出演へ 佐久間由衣も加わり“恋の四角関係”に

7月スタートのドラマ「彼女はキレイだった」に出演する赤楚衛二さん(左)と、佐久間由衣さん=カンテレ提供
1 / 3
7月スタートのドラマ「彼女はキレイだった」に出演する赤楚衛二さん(左)と、佐久間由衣さん=カンテレ提供

 俳優の赤楚衛二さんが、中島健人さんと小芝風花さんがダブル主演で7月にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演することが5月23日、分かった。女優の佐久間由衣さんが出演することも併せて発表され、中島さん、小芝さん、赤楚さん、佐久間さんが演じるキャラクターたちによる、“恋の四角関係”が展開する。

 赤楚さんは、中島さん演じる長谷部宗介と、小芝さん演じる佐藤愛が働く「ザ・モスト」編集部のメンバー・樋口拓也を演じる。愛のよき理解者である一方、宗介の“恋のライバル”となる役どころ。ムードメーカーで、仕事の評判も良いが、どこかつかみどころがない一面も持つ。
 
 佐久間さんは、愛の親友・桐山梨沙を演じる。超がつくほどの美人で男性からの誘いが絶えない半面、本人は本気の恋愛をしたことがない。劇中では、自分に自信がないという愛の代わりに宗介に会いに行ったことがきっかけで、次第に宗介に惹(ひ)かれていくという役どころだ。

 赤楚さんは、「原作が韓国で人気なので、この作品を日本版でやるんだという驚きと、自分に声をかけていただいた喜びと、頑張らなくちゃいけないなっていうプレッシャーを感じました。台本を読んでみるとめちゃくちゃ面白い。宗介と愛の関係性や、樋口と梨沙を含めた4人の動きっていうのもそうですし、緩急もしっかりしていて『続きが気になるなぁ』と一気に読めてしまいました」とコメント。

 「中島さんとの共演は初めてで、役者になる前からテレビで見ていた方なので、“テレビ越しの人”という感じがあり、共演できるのはすごくうれしいです。小芝さんは3度目の共演になるので、頼もしい仲間が撮影現場にいる印象です」と明かし、「樋口の役としては『チーム・モスト』と愛をとことん愛するので、ぜひ、見ていただけたらなと思います」と語った。

 佐久間さんは、「原作の大ファンで作品を見ていたので、お話をいただけてうれしい半面、驚きと緊張のいろいろな感情が混ざっている感じです。実際に台本を読むと、すごくテンポ感が速くて、あっという間に1話1話を読み終えてしまいました。すごく楽しく見やすいドラマになるのではないかと思います。日本版のドラマとしてオリジナル性があって、すごく楽しんでいただけると思います」とアピール。

 「中島さんはとても爽やかで、かっこいい印象を持っています。一緒にお芝居させていただくシーンが多いので、コミュニケーションをとらせていただきながら、さまざまな面を知っていけたらと思います。小芝さんは、作品を個人的に見させていただいていて、見ていてとても元気をもらえる方だと思っていました。私も一視聴者として小芝さんのファンなので、一緒にお芝居させていただくのが楽しみです」と語っている。

 「彼女はキレイだった」は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない少年からイケメンの“最恐毒舌エリート”になった長谷部宗介と、優等生の美少女から、無職の“残念女子”になった佐藤愛という真逆の成長を遂げた二人のすれ違う初恋を描くラブストーリーだ。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る