青天を衝け:「想像以上のものが出てきました」 演出担当語る“徳川慶喜”草なぎ剛 明日第16回「恩人暗殺」

「青天を衝け」第16回の一場面(C)NHK
1 / 1
「青天を衝け」第16回の一場面(C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に、徳川慶喜役で出演している草なぎ剛さん。当時から“二心殿”と呼ばれるほど実像が分かりにくい慶喜を、ひょうひょうとしていながらも、どこか“人間臭さ”を感じさせる人物として表現しており、もともと併せ持つ存在感も相まって、その好演ぶりは今作の大きな見どころとなっている。5月30日放送の第16回「恩人暗殺」では、慶喜にとって大きな“事件”が起こる。同回の慶喜のシーンについて「想像以上のものが出てきましたね」と手応えを語る、演出担当・村橋直樹さんに話を聞いた。

 第16回では、京都で新選組が、過激な尊王攘夷(じょうい)派志士を襲撃する「池田屋事件」が発生。日々強まる弾圧活動に、攘夷派志士の怒りは、禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)の慶喜と側近の平岡円四郎(堤真一さん)に向かっていく。見どころは、終盤の“雨の中のシーン”。村橋さんは、草なぎさんについて「形を超えたものが出てくる役者さんですが、あのシーンは想像以上のものが出てきました」と語る。

 どういう演出を心がけたのかと問うと、「ほかの演出も同じだとは思うのですが、草なぎさんとは意識的に話さないようしています」との答えが。

 続けて「草なぎさんから出るお芝居は一回限りのものだったりするし、技術的に組み立てできる演技ではない部分があるので、あまりこちらの意図や台本の意図をあえてぶつけないようにしています」と明かすと、「良い意味で本番一回限りしかあのレベルのお芝居は出てこないので、撮影する方は緊張していますし、我々もいつも楽しみでモニターを見るんですね。モニターで芝居を見るのがすごく楽しみな俳優さんです」と話した。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る