東京リベンジャーズ:タイムリープのトリガー“ナオト”杉野遥亮 “ヒナタ”今田美桜を守るため刑事に

映画「東京リベンジャーズ」で杉野遥亮さんが演じるナオト(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
1 / 1
映画「東京リベンジャーズ」で杉野遥亮さんが演じるナオト(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海さん主演で、和久井健さんの人気マンガを実写化した映画「東京リベンジャーズ」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)の7月9日公開を記念し、豪華俳優陣が演じる個性豊かなキャラクターたちを紹介する。今回は、杉野遥亮さん演じるナオト(橘直人)を紹介する。

 原作は「新宿スワン」などで知られる和久井さんのマンガ「東京卍リベンジャーズ」(講談社)。壁の薄いボロアパートに住むフリーターのタケミチ(北村さん)はある日、元恋人のヒナタ(今田美桜さん)と、その弟・ナオトが、関東最凶の組織・東京卍曾(まんじかい)に殺害されたとニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップしてしまう。ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、タケミチは東京卍曾に挑む。

 ナオトは一度死ぬが、10年前にタイムリープしてきたタケミチに救われる。再び戻った10年後の現代では、タケミチの言葉を信じ、姉を守るために刑事になる。タケミチが過去へタイムリープするためのトリガー(引き金)でもある重要人物だ。

 杉野さんはナオトについて「タケミチがタイムリープする中で、ナオトの世界線は僕が想像する以上のゆがみや苦しみを伴っているんではないかと思います」といい、「今を必死に生きようと奔走するナオトと、『ナオトの今』を作っていきたいと思います。そして、24年間の中でのベストオブ握手を北村匠海と交わしたいと思っています」と語っていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る