推しの王子様:“ミッチー”ディーン・フジオカ “泉美”比嘉愛未の背中押す姿に視聴者「切ない」

連続ドラマ「推しの王子様」第6話のワンシーン (C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「推しの王子様」第6話のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第6話が8月19日に放送された。ディーン・フジオカさん演じる“ミッチー”こと光井倫久が、好意を寄せている日高泉美(比嘉さん)を思い、背中を押す姿が描かれ、SNSでは「ミッチーが切ない」「ミッチーいい人すぎるのよ」「いい男すぎてつらい」と反響が上がった。

 泉美が航(五十嵐、渡邊圭祐さん)を一人前の男に育てられるかどうかーー。そのことをめぐり第6話では、泉美と光井が賭けをしていたことを航自身が知るところとなった。泉美に失望した航は、部屋を出る。光井は、好意を寄せている泉美が航のことで落ち込んでいると見抜き、「ずっと悩んでて苦しそうだ」「そんな泉美ちゃん見るのいやだし」と言葉を掛ける。

 航に「なんと言ったらいいか分からない」と悩む泉美に、光井は「『ごめんなさい』って素直に言葉にして謝ればいい」と背中を押した。アドバイスを受け、航の元へと駆け出した泉美を見送った光井は「一番素直じゃないのは俺か」と苦笑いして……という展開だった。

 視聴者からは、「切なすぎて涙出る」「ミッチーを励ましてあげたい」「当て馬ミッチーかっこいいぞ!」「ミッチーには幸せになってほしい」といった声も上がっていた。

 ドラマは、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛ける36歳のベンチャー企業社長・日高泉美が、23歳の「残念過ぎる王子様」五十嵐航を理想の男性に育てるため奮闘する姿を描くロマンチック・コメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画