プロミス・シンデレラ:第9話視聴率8.2% “壱成”眞栄田郷敦は“早梅”二階堂ふみを守るため… 次週最終回

連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話のワンシーン (C)TBS

 女優の二階堂ふみさん主演の連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」第9話が9月7日に放送され、平均視聴率(世帯)は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。ドラマは、次週14日に最終回を迎える。

 ドラマは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」とウェブマンガサイト「裏サンデー」で配信中の橘オレコさんの同名マンガが原作。人生崖っぷちのアラサー女子・桂木早梅(二階堂さん)が金と人生をかけた“リアル人生ゲーム”に挑む姿を軸に、高級老舗旅館の若旦那・片岡成吾(岩田剛典さん)と、成吾の弟の高校生・壱成(眞栄田郷敦さん)との三角関係、旅館関係者を巻き込んだ恋模様を描く。

 第9話では、キスの後、早梅はよく眠れずドキドキしたまま翌朝を迎える。悦子(三田佳子さん)と吉寅(高橋克実さん)が急きょ旅行で家を空けることになり、早梅と壱成は2人きりの生活に。その後出勤した早梅は、成吾から菊乃(松井玲奈さん)の過去について聞く。その上で成吾から10年前と変わらぬ自分への気持ちを打ち明けられる。早梅は壱成、成吾、菊乃の思いの中で自分はどうすべきかを悩む。壱成は早梅を守るために、ある人に会いに行くが……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る