小林幸子:「純烈」映画で衣装自前の“ラスボス役” 今までで一番巨大化「ここまで大きくなるとは…」

映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」の公開記念舞台あいさつに登場した小林幸子さん
1 / 10
映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」の公開記念舞台あいさつに登場した小林幸子さん

 歌手の小林幸子さんが9月11日、東京都内で行われた音楽ユニット「純烈」が主演を務める映画「スーパー戦闘 純烈ジャー」(佛田洋監督)の公開記念舞台あいさつに同ユニットメンバーの後上翔太さん、白川裕二郎さん、小田井涼平さん、酒井一圭さんらと登場した。今作で強大な力を持つ悪の女王フローデワルサ役を演じ、劇中ではどんどん大きくなる姿を披露しているという小林さんは、大きくなっていく心境を聞かれると「もう慣れました」と苦笑い。さらに「今回が、今までの中で私、一番大きいです。ここまで大きくなるとは思いませんでした」と驚きを明かしていた。

 小林さんは、オファーを聞いたときのことについて「お話いただいたときに、ぜひやらせてくださいと言って。『どんな役ですか?』と聞いたら、監督が『女王さまです』と言うので喜んじゃって。でも台本読んだら『妖怪じゃん』とびっくりした」と回顧。続けて「断ろうかと思ったんですが、もう時間がないと言われて。『時間もないし、衣装もない、自前でありませんか』と。それで『紅白の衣装』と言われて、じゃあ着ますと。でもよく考えたら、紅白の私の衣装は妖怪の衣装だったのか、と……」と当時のエピソードを披露し笑いを誘っていた。

 さらに、小林さんは「フローデワルサをやって『これ、私以外にやる人いないな』と自負していたけど、一人だけいた、LiLiCoちゃん」と小田井さんの妻で映画コメンテーターのLiLiCoさんの名を挙げて一同を笑わせる場面も。小田井さんは「できなくはないけど、説得力に欠けると思いますよ。それに奥さんを我々が斬り倒すっていうのは……恐ろしくてできないです」と苦笑いで応えていた。

 また、後上さんは映画が公開されたことについて「純烈自体が、日々夢物語みたいなところから始まったグループで、一個一個(夢を)実現してきた。それが今回、映画というまた夢みたいな話が実現した」と喜び、「この映画をきっかけにまた世界が広がっていくんだなと思っています」と感慨深い表情でしみじみ。白川さんは「見れば見るほど味が出るというか、スルメイカのような、匂い立つような、そんな映画です。ぜひ一度だまされたと思って劇場に足を運んでいただければ」と自信をみせていた。

 舞台あいさつには小林綾子さん、前川清さん、佛田監督も出席。舞台あいさつ終盤には、サプライズで酒井さんから映画の続編が製作されることも発表された。

 映画は、「スーパー戦隊」「仮面ライダー」シリーズや「美少女戦士セーラームーン」「男たちの大和/YAMATO」など数々のヒット作を生み出した特撮研究所の佛田監督がメガホンをとり、4人中3人が戦隊ヒーロー出身者の「純烈」が温泉を守るヒーローに変身する。「純烈」の4人がスーパー銭湯アイドルとして温浴施設でマダムたちを歓喜させている中、浴場で不審死が発生。事件性はないと判断されるも、ちまたでは「連続イケメン温泉失踪事件」が多発しており、純烈ジャーの酒井、白川、小田井の3人は純烈ジャーではない後上には秘密で事件の調査を始める。ついに悪の女王フローデワルサ(小林幸子さん)の仕業だと突き止めるが……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る