注目ドラマ紹介:「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」 窪田正孝主演の医療ドラマ続編 前作2年後の合理化された病院が舞台

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第1話の場面写真(C)フジテレビ
1 / 10
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第1話の場面写真(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)が10月4日に始まる。2019年4月期に同枠で放送されたドラマの続編。「甘春総合病院」放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、CTやMRIで病気を見つける診療放射線技師らの活躍を描く。原作は作・横幕智裕さん、画・モリタイシさんのマンガ「ラジエーションハウス」(集英社)。初回は30分拡大で放送。

 主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織を窪田さん、唯織の幼なじみの放射線科医・甘春杏を本田翼さん、放射線技師の広瀬裕乃を広瀬アリスさん、田中福男を八嶋智人さん、放射線技師長の小野寺俊夫を遠藤憲一さん、病院の新院長・灰島将人を高嶋政宏さん、副院長・鏑木安富を浅野和之さん、整形外科医の辻村駿太郎を鈴木伸之さんが演じる。

 ラジエーションハウスの規模縮小に伴い病院を移った放射線技師・黒羽たまきを山口紗弥加さん、軒下吾郎を浜野謙太さん、威能圭を丸山智己さん、悠木倫を矢野聖人さん、前院長・大森渚を和久井映見さんが務める。

 第1話は……唯織が2年間の米国留学を終えて甘春総合病院に復帰する。新院長の灰島(高嶋さん)は「合理化」のため放射線科医は要らないと、患部画像の読み取りは全て外部委託。それに伴ってラジエーションハウスも縮小され、メンバーの多くは別の病院へ転職していた。

 チームに残った裕乃(広瀬さん)は最近様子のおかしかった小野寺(遠藤さん)が認知症予備軍と診断されたのを知る。小野寺が今まで通り仕事を続けるには支援が必要と考え、たまき(山口さん)や軒下(浜野さん)らに助けを求めるが、反応は冷たい。そして、唯織は杏(本田さん)までも病院を去っていると聞き……。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る