おかえりモネ:百音が電話に出られず「休菅日」に! “文字だけ登場”「残念」「菅波が足りない~」 

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第107回が10月12日に放送された。同回では、百音(清原さん)が、菅波(坂口健太郎さん)からの電話に出ることができず、菅波の出番がなくなってしまった。

 第107回では、農家の女性(小野寺ずるさん)が、畑に雨が降らないことを百音に相談。百音は、さっそく気象分析するが、具体的な解決策を見いだせず思い悩む。菅波から電話がかかってくるものの、電話に出ることをためらってしまう……という展開だった。

 「菅波先生」という着信表示だけの“登場”に対して、SNSでは「今日は(着信の)文字だけの登場」「モネが電話に出なくて、今日の菅波先生は出番なし…」「今日はまた休菅日」「モネが電話に出ないと菅波先生の出番がないんよ(笑い)」「もうホント菅波が足りない~」「月曜から菅波、火曜は残念…」とショックを受けた視聴者のコメントが並んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る