グリーン&ブラックス:井上芳雄&木村達成ら、ファンの質問に回答 ミュージカル俳優の意外な素顔

11月26日放送の「グリーン&ブラックス」の出演者=WOWOW提供
1 / 6
11月26日放送の「グリーン&ブラックス」の出演者=WOWOW提供

 ミュージカル俳優の井上芳雄さん、福田雄一監督によるWOWOWのミュージカルコメディー番組「グリーン&ブラックス」。11月26日に放送される第56回では、井上さん、岸祐二さん、木村達成さん、田代万里生さん、平原綾香さんがミュージカルファンからの質問に回答。今だから話せる過去の出演作エピソードや、ミュージカル俳優の意外な素顔が飛び出す。

 ミュージックショーコーナーでは、井上さんがミュージカル「コーラスライン」から「愛した日々に悔いはない」をパフォーマンス。井上さんは楽曲について「このコロナ禍における僕らミュージカル俳優にとっての、テーマソングみたいになっているなと思うんです」と話し、「いろいろな気持ちが湧き起こる歌だけれど、今回は悲しみや苦しみというよりも、何があっても全うするんだ、といった前向きな気持ちになって歌うことができました。夜明けが近いことを信じて、皆様にも聞いていただけたら」と語っている。

 そのほか、ミュージカル「蜘蛛女のキス」に出演する石丸幹二さんと安蘭けいさんはスペシャル・メドレーを、ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」に出演する加藤和樹さんは「願いを託して」を披露する。

 石丸さんは「いつもはピアノ伴奏で歌の練習をしているんですが、今回はバンドの方々の演奏で歌うことができたので、曲の世界観が広がり、イメージがより湧き上がってきました」と振り返り、安蘭さんは「ステージングでソファを使わせてもらったので、『蜘蛛女のキス』という作品の雰囲気が良い感じに出たのではないかなと思います」とアピール。

 加藤さんは「『北斗の拳』というと激しい立ち回りがあったりして、ものすごくパワフルなイメージがあると思いますが、繊細で美しい楽曲もあるので、その魅力も合わせて作品の世界観を感じていただけたら」と呼びかけている。

 番組は、11月26日午後10時にWOWOWプライムで放送される。 

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る