婚姻届に判を捺しただけですが:「これからも一緒にいてください」 “百瀬”坂口健太郎の“告白”に「キュンが止まらない」の声

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 4
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が、11月30日に放送された。ラストは、清野さん演じる明葉からの告白を受けて、百瀬(坂口さん)が「明葉さん、これからも一緒にいて下さい」と“告白”する展開で、視聴者からは「ハンオシ最高すぎる」「これはもうプロポーズでは?」「キュンキュンした」などの声が上がった。

 第7話で、百瀬に勢いでキスしてしまった明葉は、「好き」という気持ちを伝えようと決心する。しかし、明葉のキスをなぜか“仕返し”だと思い込んだ百瀬は、離婚を提案し、それまでの“不仲演出計画”まで語り……。

 そんな中、美晴(倉科カナさん)とうり二つの香菜(倉科さん)とのやりとりを通して、明葉の存在の大きさに気がついた百瀬。ラストでは、明葉が「私、百瀬さんのことが好きです。百瀬さんと離婚したくありません」と思いを伝えると、百瀬は「ありがとうございます。僕もです。明葉さん、これからも一緒にいてください」と伝える。明葉は「はい!」と言って、とびきりの笑顔を見せるという展開だった。

 SNSでは、「ハンオシ、キュンが止まらんかった。最高だった」「ハンオシめちゃくちゃきゅんきゅんした」「かわいいなあ。百瀬さん。最後の表情、たまんなーい」「明葉見る目、愛おしい目してるじゃん」などのコメントが並んだ。

 ほかにも、「明葉が告白できて良かった」「ラストの告白たまらなかったぁ。ドキドキしちゃったし、明葉ちゃん本当よかったよ、うんうんって感じで幸せだった!」という声も上がるなど、盛り上がりを見せていた。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る