カムカムエヴリバディ:不意打ちの稔さん! 視聴者「パパ姿すてき」「出てきただけで泣ける」と大盛り上がり

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第24回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第24回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第24回が12月2日に放送。安子(上白石さん)の想像シーンで、稔(松村北斗さん)が登場し、視聴者が盛り上がった。

 第24回では、1947(昭和22)年。米や砂糖、小豆など菓子作りの材料が少しずつ手に入るようになり、安子はおはぎやおまんじゅうを作って売り、るいとつつましく暮らしていた。「カムカム英語」は日本中で爆発的な人気を誇り、倹約して買ったラジオから聞こえるカムカム英語は、安子とるいの毎日の楽しみだった。そして1年の時がたった頃、安子の元に、おはぎを毎朝200個仕入れてほしいという依頼が舞い込む……という展開だった。

 カムカム英語を聴いていた安子は、流れてくる英語の例題から、稔とるいの3人で暮らしている様子を想像する。稔がるいを起こしたり、ラジオ体操したりする、家庭の姿が描かれた。

 SNSでは「稔さんのパパ姿すてきすぎる!」「稔さんがいてたらこんな普通の日常が過ごせてたんやね」「稔さん生きててほしかった」「稔さん出てきただけで泣ける」「なんか涙止まらないよ」「不意打ちの稔さん」「これが現実ならなー」「稔さんを連れてきてくれるのはラジオ英語だったんだね」と、さまざまな声が寄せられた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る