世良公則:音楽関係の役柄「受けないようにしていた」 「カムカムエヴリバディ」で喫茶店マスター役

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で柳沢定一を演じる世良公則さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で柳沢定一を演じる世良公則さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。安子(上白石さん)や稔(松村北斗さん)たちが通った喫茶店「Dippermouth Blues」のマスター・柳沢定一を好演しているのが、ミュージシャンの世良公則さんだ。「音楽に関わるような役柄は意識的に受けないようにしていました」という世良さんが、本作への思いや、上白石さんの印象などを語った。

 世良さんが朝ドラに出演するのは、2012年度前期に放送された「梅ちゃん先生」以来、今回で3作目。「カムカムエヴリバディ」では、こだわりのコーヒーを出し、ジャズが流れる喫茶店を営むマスターを演じる。ジャズをこよなく愛し、海外の珍しいレコードを数多く集めているという役柄だ。

 ジャズ喫茶のマスターを演じることについて、世良さんは「僕はミュージシャンなので、これまでミュージシャンの役だったり音楽に関わるような役柄は意識的に受けないようにしていました」というが、「『カムカムエヴリバディ』は戦争という時代のなかで、英語や西洋の音楽など時代的には相いれないものを題材にしていると聞き、とても興味を持ち」出演を決めたという。

 演じる柳沢定一は「戦時下でも敵国音楽であるジャズを愛した人間。クラシック音楽とは違う西洋の音楽、とくにアメリカの音楽に憧れるファーストコンタクトの世代です」と説明し、「僕自身も西洋の音楽に憧れて楽器を手にして、バンドを組んでいるので、僕の10代のころを追体験しているようです。そういった意味では共通点はありますね」と思いを重ねていた。

 また、撮影現場での上白石さんについて「撮影中でもカメラの回っていないところでも凛としています。力んでいるところもなくて、笑顔で柔らかく接してくださいます」と明かし、「朝ドラのヒロインは過酷なスケジュールですから、ともすれば休みたいだろうなと思うんですが、いつもちゃんと僕らの雑談に付き合ってくれていますから、とても優しくて強い人なんだろうなと思います」と印象を語っていた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る