ラジエーションハウスII:“唯織”窪田正孝&“杏”本田翼の関係に反響 「この距離感がいい」「2人らしい」

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」最終話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」最終話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)最終話が12月13日に放送された。同話で描かれた五十嵐唯織(窪田さん)と甘春杏(本田翼さん)の関係に、視聴者からは「この距離感がいいんだよなー!」「最後まで、爽やかで可愛らしい唯織と杏ちゃんにキュンキュンしました」「じれったいけど、2人らしい」と反響が上がった。

 同話では、杏がステップアップのためにワシントンへの留学を決意。思いを寄せる唯織は、遠くに行く前に伝えておきたいことがあると杏に「好きです!」と告白。しかし、「放射線科医として働くあなたが大好きです」と続けたため、杏には恋の告白として伝わらなかった。

 後日、杏も放射線科「ラジエーションハウス」のメンバーの前で、唯織に「好きです」と一言。だが、「技師として働く五十嵐さんが」と加え、一同から「そっちかよ!」とツッコまれる……という展開だった。

 本作は、12月20日午後9時から特別編が放送されるほか、2022年4月29日には映画の公開も決定。SNSでは「杏ちゃんと五十嵐くんの恋の行方は?!」「2人の恋の決着は劇場で?!」「2人の仲に進展があるのかないのか」といった声が上がっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る