とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが:「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー 最終回に“明葉”清野菜名が登場

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」最終回のワンシーン(C)有生青春/祥伝社 (C)TBSスパークル/TBS
1 / 2
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」最終回のワンシーン(C)有生青春/祥伝社 (C)TBSスパークル/TBS

 連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」(Paravi)最終回に、本編でヒロインを演じる清野菜名さんが出演することが12月21日、分かった。大加戸明葉(清野さん)が迷える麻宮祥子(深川麻衣さん)に放った一言をきっかけに、物語は大きく動き出す

 21日配信の最終回は、麻宮と唯斗(高杉真宙さん)のデートからスタート。思わせぶりな態度で麻宮を振り回す唯斗だったが、突然、驚きの事実を告白し、麻宮は動揺を隠しきれない。そんな中、麻宮に明葉から突然の着信が。明葉のある一言をきっかけに、唯斗への気持ちを再確認する……という展開。

 「婚姻届に判を捺しただけですが」は、有生青春さんが「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の同名マンガが原作。清野菜名さん演じる“おひとり様最高!”のイマドキ女子・大加戸明葉が、ひょんなことから坂口健太郎さん演じる堅物で変人のサラリーマン・百瀬柊と偽装結婚する“偽り夫婦ラブコメディー”。

 オリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」は、本編ドラマの冒頭で百瀬に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後を描く。高杉さん演じる動物病院の看護師で愛されキャラの牧原唯斗も出演する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る