持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~:松重豊が上野樹里の父親に 妻に先立たれ娘との“ダブル婚活”を思い立つ日本語学者

連続ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」で沢田林太郎(さわだ・りんたろう)を演じる俳優の松重豊さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」で沢田林太郎(さわだ・りんたろう)を演じる俳優の松重豊さん(C)TBS

 4月19日にスタートする女優の上野樹里さん主演の連続ドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~」(TBS系、火曜午後10時)。上野さん演じるヨガインストラクターの沢田杏花(きょうか)が“父娘ダブル婚活”する姿を描くオリジナル作品だ。松重豊さん演じる沢田林太郎(さわだ・りんたろう)を紹介する。

 ◇辞書を編さんする“日本語オタク”

 林太郎は、杏花(上野さん)の父親で、フリーで辞書の編さんをしている日本語学者。24時間365日「言葉」のことを考えている“日本語オタク”で、日常生活能力が低く、杏花をイライラさせることもある。

 妻(八木亜希子さん)に先立たれ、人生の活力を失いかけていた林太郎。遺品整理で見つけた“亡き妻からの離婚届”をきっかけに、第二の人生のパートナーを探し始め、杏花を巻き込んだ“ダブル婚活”を思い立つ。

 ◇初回ストーリー

 2年前に母が亡くなり、生活の荒れ果てた林太郎を見かねて実家へ戻った杏花。ヨガの生徒の前では心身共に穏やかな暮らしを送っているように装っていたが、実際の私生活は真逆。林太郎は、娘が結婚できるのか心配だったが、ヨガインストラクターとして独立したいという目標がある杏花は、恋人は欲しいが結婚願望は薄い。

 ある日、杏花は起業セミナーを受講。そこで出会った東村晴太(田中圭さん)と意気投合する。後日2人で食事に行き、杏花は「結婚を前提にせず、お付き合いしてもらえませんか?」と提案するも、晴太にシングルファーザーだと告げられ、「友達になりませんか?」と言われる。

 林太郎は妻の残した離婚届を発見して人生最大のショックを受け、“父娘ダブル婚活”を思いつく……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る