春ドラマ:“3年A組”組が席巻 今田美桜、上白石萌歌、福原遥ら逸材ぞろい

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演していた(左から)上白石萌歌さん、今田美桜さん、福原遥さん
1 / 1
ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」に出演していた(左から)上白石萌歌さん、今田美桜さん、福原遥さん

 2019年1月期に放送された菅田将暉さん主演の人気ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ)。同ドラマに出演し、フレッシュな演技でぶつかり合った若手俳優たちは、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で主演を務めた川栄李奈さんをはじめ、その後多くがブレークを遂げている。「3年A組」をきっかけに大きく羽ばたき、今年の春ドラマに出演している“3年A組”組をまとめた。

 ◇主演3本、ヒロイン、ライバル役などメインキャスト続々

 何といっても今期の“3年A組”組の筆頭格といえるのが、「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)で、初の連ドラ主演となった今田美桜さんだ。「3年A組」では読者モデルで女子グループのリーダー格の諏訪唯月役で存在感を発揮していたが、「悪女(わる)」では、落ちこぼれ新入社員ながら持ち前のポジティブさで出世街道をひた走る田中麻理鈴を演じている。

 数々の作品に出演し、今期もNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に比嘉歌子役、「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に七瀬美雪役で出演中の上白石萌歌さんも“3年A組”組だ。上白石さんが演じた景山澪奈は、才能あふれる水泳部のエースだったが、周囲から嫉妬の対象となり命を絶ってしまうという役どころ。菅田さん演じる主人公の美術教師・柊一颯が学校に立てこもる原因となった物語のキーパーソンだった。

 “3年A組”で、上白石さん演じる澪奈に告白するも振られてしまうサッカー部のエース、里見海斗を演じた鈴木仁さん。今期「モトカレ←リトライ」(MBSほか、木曜深夜0時59分)で連ドラ初主演を果たした。「モトカレ←リトライ」で演じる平子楓も、海斗と似た部分のある“パーフェクト男子”でこちらも注目だ。

 鈴木仁さんとともに結婚情報誌「ゼクシィ」のイメージキャラクターを務める堀田真由さんも“3年A組”組。上白石さん演じる澪奈と同じく名門水泳部所属で、部長を務める熊沢花恋を演じた。今期は「クロステイル ~探偵教室~」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)で、他人の秘密が大好きなヒロインの芹沢朋香役を演じている。

 2022年後期のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」でヒロインを務める福原遥さんも実は“3年A組”組で、“恋愛体質”の水越涼音を演じて存在感を示した。永野芽郁さん(『3年A組』出演前)、川栄さんに続いて、3人目の朝ドラヒロインとなるが、今期はNHKドラマ「正直不動産」(火曜午後10時)でお客様第一の新入社員、月下咲良を演じているほか、「今どきの若いモンは」(WOWOW)でも真っすぐ過ぎる新入社員の麦田歩を演じている。

 「3年A組」で、澪奈、花恋が所属する水泳部のマネジャー、真壁翔を演じたのが、現在ドラマや映画で活躍中の神尾楓珠さん。今期はなんと4本のドラマに出演している。17歳で首相を務めることになる真木亜蘭役で主演を務めるNHKドラマ「17才の帝国」(総合、土曜午後10時)を筆頭に、「ナンバMG5」(フジテレビ系、水曜午後10時)、「先生のおとりよせ」(テレビ東京系、金曜深夜0時52分)、「青野くんに触りたいから死にたい」(WOWOW)と、主人公からライバル、親友、マスコットキャラまで幅広い役どころで存在感を示している。

 ◇ブレークで増える再共演 名バイプレーヤーも続々

 “3年A組”組のブレークに伴い、再共演も増えている。

 「3年A組」でオシャレを愛する原宿系女子の花岡沙良を演じた横田真悠さんと、アイドルを夢見る結城美咲を演じた箭内夢菜さんは、ともにメインキャストとして「明日、私は誰かのカノジョ」(MBSほか、火曜深夜)に出演。横田さんはパパ活で寂しさを紛らわしているリナ役、箭内さんはホストと出会い人生が様変わりしていく萌役と、それぞれ「3年A組」の頃とは一変した、印象深い役どころを熱演している。

 「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)には“3年A組”組が2人出演。「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)などでも知られる萩原利久さんと、「魔進(マシン)戦隊キラメイジャー」(テレビ朝日)のキラメイグリーン/速見瀬奈役でも話題となった新條由芽さんだ。「3年A組」で萩原さんは、菅田さん演じる柊の内通者となった逢沢博己、新條さんはうわさ好きでミーハーな金沢玲央を演じていたが、今回は萩原さんがクールなバーの店長、美津山宗介、新條さんが主人公の同僚、中村真央を演じている。

 “3年A組”組は名バイプレーヤーも数多く輩出している。中でも筆頭格といえるのが、富田望生さんだろう。須永賢(古川毅さん)に思いを寄せる柔道部の怪力女子、魚住華役で存在感を示した冨田さんは、その後もぽっちゃりキャラの名バイプレーヤーとして数々の作品に出演。今期は「ナンバMG5」で、個性派キャラの守田巻役で神尾さんと共演している。

 陸上部のスプリンターで、富田さん演じる魚住とともにスポーツ推薦を巡って熱いドラマを繰り広げた瀬尾雄大役の望月歩さん。今期は「元彼の遺言状」(フジテレビ系、月曜午後9時)でホストの“武田信玄”こと黒丑益也役を好演。けんかっ早いクラスの問題児、石倉光多を演じた佐久本宝さんは、「未来への10カウント」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で、ボクシング部員の友部陸を演じている。

 ほかにも、お調子者の野球部員、兵頭新を演じた若林時英さんは「ヒル」(WOWOW)、電脳部部員でフェイク動画の解析に奮闘した西崎颯真を演じた今井悠貴さんは「いぶり暮らし」(BS松竹東急)、楽しいことが大好きな“アッパー女子”の小宮山愛華を演じた日比美思(みこと)さんは「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)に出演し、存在感を発揮した。

 ◇

 「3年A組」の“生徒”は30人。そのうち実に半数以上の“生徒”が今期のドラマに出演していることになる。過去1年でみると、さらに永野さん、川栄さん、森七菜さんらそうそうたる面々が加わる。ここからさらなるブレークを果たす“生徒”が出るのか注目したい。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る