ももいろクローバーZ:「ナンバMG5」でレディースに! 血だらけけんかシーンも 真っ赤なつなぎ姿で登場

連続ドラマ「ナンバMG5」第6話に登場するももいろクローバーZ(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナンバMG5」第6話に登場するももいろクローバーZ(C)フジテレビ

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」が、俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)にゲスト出演することが5月18日、明らかになった。25日放送の第6話に、百田夏菜子さん、玉井詩織さん、佐々木彩夏さん、高城れにさんがレディース「横浜魔苦須(マックス)」のメンバーとして登場。真っ赤なつなぎ姿で、血だらけになって戦うシーンにも挑戦した。

 第6話では、神奈川最強のヤンキーチーム「ケルベロス」に襲われそうになっていた魔苦須を難破剛(間宮さん)が助ける。しかし、魔苦須の2代目総長はケルベロスに狙われており、1カ月後にはケルベロスの“キング”と名乗る人物が少年院から出てくるという。魔苦須のメンバーはけんかの強い剛を師と仰ぎ、「特服先生、アタイらを強くしてほしい」と懇願するのだが……と展開する。

 ドラマは、小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)が原作。ヤンキー一家に生まれた主人公・剛が内緒で健全な高校に入学し、家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という二重生活をするドタバタを描く。

アイドル 最新記事