先生のおとりよせ:第7話「病み上がりの即席麺」 “榎村”向井理、倒れる

連続ドラマ「先生のおとりよせ」第7話の一場面(C)AN,YE(L)/TX
1 / 9
連続ドラマ「先生のおとりよせ」第7話の一場面(C)AN,YE(L)/TX

 俳優の向井理さん主演で俳優の北村有起哉さんも出演するテレビ東京連続ドラマ「先生のおとりよせ」(金曜深夜0時52分)第7話「病み上がりの即席麺」が5月20日に放送される。

 過労のせいか、榎村(向井さん)は打ち合わせ中に倒れる。編集担当に家へ運ばれた榎村と鉢合わせた中田(北村有起哉さん)が看病をすることに。

 その最中に謎の人物が度々榎村を訪ねてきていることを中田は知る。執筆本を巡る因縁のある人物で、榎村は彼と再び仕事するのを拒んでいる。

 弱った体に優しく温かい“おとりよせ”のインスタント麺と中田の温かい心が、榎村の体と心を解きほぐす。

 原作は2013~18年に「pixivコミック」で連載されたマンガ家の中村明日美子さんと小説家の榎田ユウリさんの同名マンガ(リブレ)。向井さん扮(ふん)するドSで無愛想な官能小説家と、北村さん演じるドMでフェミニンなマンガ家という正反対な性格の2人の“おとりよせライフ”を描く。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事