藤間爽子:「マイファミリー」鈴間役で注目 「『お前だったのか』とものすごい連絡が」 日本舞踊家としての顔も

連続ドラマ「マイファミリー」に出演する藤間爽子さん(C)TBS
1 / 5
連続ドラマ「マイファミリー」に出演する藤間爽子さん(C)TBS

 連続ドラマ「マイファミリー」(TBS系、日曜午後9時)で、鳴沢温人(二宮和也さん)の会社の社員・鈴間亜矢を演じている、女優で日本舞踊家の藤間爽子(ふじま・さわこ)さん。5月15日放送の第6話では、身代金の入ったスーツケースが運び込まれたコンテナルームで、鈴間と温人が対面するシーンが描かれ、視聴者からは驚きの声が上がった。「皆さんをだましているような気持ちだったので、6話が放送されてほっとしました(笑い)」と話す藤間さんに、撮影現場で感じた思いを聞いた。

 ◇

 「マイファミリー」は、連続ドラマ「グランメゾン東京」(同局系)などで知られる脚本家・黒岩勉さんのオリジナル作品。ゲーム会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」社長・温人と、妻の未知留(多部未華子さん)が、誘拐された小学生の娘・友果(大島美優さん)を救うために警察の力を借りることなく奮闘し、第3話(4月24日放送)で友果の誘拐事件が完結。

 第4話(5月1日放送)からは、三輪碧(賀来賢人さん)とその元妻・沙月(蓮佛美沙子さん)の娘・優月(山崎莉里那さん)の誘拐事件が発生。第5話(5月8日放送)で無事に優月を救出したものの、今度は阿久津(松本幸四郎さん)と絵里(森脇英理子さん)の娘・実咲(凛美さん)が誘拐され、温人は阿久津の用意した身代金の受け渡し役をすることに。

 第6話では、絵里によってGPSを取り付けられたとは知らずに、身代金の入ったスーツケースの受け渡しを完了した温人。その後、絵里から事情を聞いた温人は、GPSの位置情報を頼りに犯人を追うと、そこにいたのは鈴間で……と展開した。

 TBSのドラマ初出演にして、看板枠である「日曜劇場」デビューを果たした藤間さん。「こんなすてきなキャストの中で出させていただくのは、とてもうれしかった」と笑顔を見せながらも、「女優としてキャリアが浅い私にとって、この作品の足を引っ張らないかという不安も同時に押し寄せて……」と振り返る。

 鈴間役に対しては、「台本に書かれている以上に、魅力的な人間にしていきたい」という思いがこみ上げてきた。監督からは、「あまり怪しいようには演じないでほしい」と言われたというが、「普通に演じちゃうと、『あの子誰だっけ?』『あの子いた?』と思われるのは、私にとって嫌だなという思いもあって……」と告白。

 親しみやすいキャラクターでありつつも、視聴者がちょっと引っかかるような存在を目指したといい、「メガネを“鼻眼鏡”にしてみたりして。(第6話で)誘拐したことがわかった後は、本当の鈴間が見えてくるように切り替えています」と明かす。

 ◇

 第6話が放送された日は、ちょうどドラマの撮影日だった。「リアルタイムでは見られなかったんですけど、撮影が終わって(控室に)戻ってきたら、携帯にものすごい連絡があって。友達から『お前だったのかー!』という驚きの連絡が(笑い)」と振り返った藤間さん。

 これまでにも、鈴間が誘拐犯なのでは?と疑われることもあったというが、はぐらかしてきたといい、「やっと6話が放送されて、ほっとしたというか(笑い)。ちょっと肩の荷が下りました」と話す。

 緊迫したシーンが多い今作だが、撮影現場は「穏やかな感じ」といい、「それは二宮さんがそういうふうにしてくださっているのかなと思いました」と話した藤間さん。「連日撮影でお忙しくて、疲れているはずなのに、いろいろな人とおしゃべりをしていたり、『おはよう』って声をかけてくださったり。飾らないナチュラルな方だなと思います」と二宮さんの印象を明かす。

 一方、阿久津晃役で出演する松本幸四郎さんとは、日本舞踊の公演でも共演経験がある。松本さんは以前、インタビューで「(藤間さんは)もともと踊りとしても魅力がありますけど、この作品を通してまた魅力を知ることができた」と語っていたが、そのことを伝えると「うれしいです」と笑顔を見せた藤間さん。「ドラマの撮影の現場で松本さんとお会いするのは初めてだったので、ちょっとほっとしたような感じでした」と話す。

 また、「なかなかお会いできなかったんですけど、お会いできたときには、『(誘拐をした)悪い人だ!』って指さされて。『そんな~!』って言いながら(笑い)」と楽しそうにやりとりを明かしていた。

 ◇

 ドラマの撮影現場について、「監督から言われたことに柔軟に応える力、瞬発力が試される現場」と話した藤間さん。「舞台は何度も練習したり試せるチャンスがありますが、映像はそこまで何度も撮らないので、そういうときにぱっと柔軟に応えられるように引き出しがいっぱいないといけない」と話す。今回の共演者の動きを見て、「こういうふうにやるんだ」と刺激を受けているのだという。

 そんな藤間さんが心がけていることとは、自然体でいることだ。「たとえば日本舞踊だったら、心が動いて体が動くし、お芝居だったら心が動いて体を通して言葉が出る。心がどちらも大切なんだなと思って。心の状態、体の状態をすごく自然体でナチュラルにいられたらいいなと思います」と語っていた。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事