鎌倉殿の13人:“金剛”坂口健太郎が初登場! 字幕「成長著しい金剛」 視聴者「著しすぎる」とツッコミ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第23回場面カット 金剛(坂口健太郎さん、左)と鶴丸(きづきさん) (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第23回場面カット 金剛(坂口健太郎さん、左)と鶴丸(きづきさん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第23回「狩りと獲物」が6月12日に放送され、金剛役で坂口健太郎さんが初登場した。

 金剛は義時(小栗さん)の最愛の息子。のちの北条泰時。第三代執権にして日本史上屈指の名宰相だ。

 まだまだ子供だった前回の放送から一気に青年の姿となって登場した金剛(坂口さん)。字幕では「成長著しい金剛」と紹介された。一方、SNSでは「金剛育ったーー!!成長著しい笑笑笑」「ほんとに成長著しすぎるだろwww」「成長著しい金剛って…。著しすぎるわ」「いや成長著しすぎでしょw」「成長著しい金剛というテロップに吹いた」「急にデカなりすぎやろ(笑)」などと視聴者からはツッコミが入った。

 第23回では、嫡男・万寿(金子大地さん)の披露目の場とするため、御家人を集めて富士の裾野で巻狩を行うことを決めた源頼朝(大泉洋さん)。工藤祐経(坪倉由幸さん)が賞賛する中、頼朝を憎む曽我十郎(田邊和也さん)・五郎(田中俊介さん)兄弟らが謀反を計画。梶原景時(中村獅童さん)からたくらみを知らされた義時は、急ぎ五郎の烏帽子親(えぼしおや)である父・北条時政(坂東彌十郎さん)のもとへと向かう。

 不穏な気配が漂う巻狩には、義時の愛息・金剛も……という展開だった。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

テレビ 最新記事