悪女(わる):最終話 “麻理鈴”今田美桜が“峰岸”江口のりこと決裂 難攻不落のガラスの天井を突き破れ!

連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」最終話の一場面=日本テレビ提供
1 / 5
連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」最終話の一場面=日本テレビ提供

 女優の今田美桜さん主演の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)最終第10話が6月15日に放送される。予告映像には「師匠と決裂」「難攻不落のガラスの天井を突き破れ」などの文字が並ぶ。

 「女性の管理職5割計画」(通称JK5)は社内に不協和音を生む。初めて峰岸(江口のりこさん)に反発した麻理鈴(今田さん)は、JK5から外れるよう命じられて落ち込む。だが、小野(鈴木伸之さん)に励まされ、担当する「女性の管理職育成研修」で峰岸に認められるほどの結果を出そうと決意する。

 麻理鈴は、JK5に「分室」を作り、企画開発部で孤立した笹沼(ソニンさん)や、仕事と育児をめぐり離婚の危機に陥ったマミコ(桜井ユキさん)の問題を解決しようと奔走する。

 T・Oさん(向井理さん)が陰でリストラを進めていると疑う小野と山瀬(高橋文哉さん)は、T・Oさんのもくろみを知る。峰岸は、社長の島田(小木茂光さん)にJK5打ち切りをちらつかされて焦っていた。

 麻理鈴は、笹沼やマミコの直面する問題を解決するには、働く男性の抱える課題にも向き合う必要があると気付く。研修から女性社員が離れる中、梨田(石橋静河さん)や川端(近藤春菜さん)の協力で、社員が匿名で悩みを相談し合える場所「雑談ルーム」をネット上に開設。社員のさまざまな本音が集まり始める。

 そこへ、JK5を巡って意外な出来事が。峰岸が責任を問われる立場に陥り、麻理鈴は峰岸と共に仕事を続けるため、会社の未来のために最後の賭けに出る。

 原作は、女性向けマンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で1988~97年に連載された深見じゅんさんの「悪女(わる)」。1992年に女優の石田ひかりさん主演で実写化されていて、30年ぶりの再ドラマ化だ。運良く大手IT企業に入社したものの窓際部署に配属された麻理鈴が、クセ者社員らの抱える問題にぶつかりながら、出世の階段を駆け上がる姿を描く。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事