朝ドラ:2023年度後期「ブギウギ」音楽は服部隆之 ヒロインのモデル・笠置シヅ子の「東京ブギウギ」作曲者の孫

2023年度後期のNHK連続テレビ小説の音楽を担当する服部隆之さん(C)木村辰郎
1 / 1
2023年度後期のNHK連続テレビ小説の音楽を担当する服部隆之さん(C)木村辰郎

 NHKは6月24日、2023年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)のタイトルが「ブギウギ」で、戦後の大スター、笠置シヅ子さんをヒロインのモデルにすると発表した。音楽は笠置さんの代表曲「東京ブギウギ」の作曲者・服部良一さんの孫、服部隆之さんが担当する。

 連続テレビ小説の第109作となる「ブギウギ」は、「東京ブギウギ」や「買物ブギー」など数々の名曲を歌った戦後の大スター、笠置シヅ子さん(1914-1985年)が主人公のモデルとなる。笠置さんの人生を、激動の時代の渦中で、ひたむきに歌に踊りに向き合い続けた歌手の波瀾(はらん)万丈の物語として大胆に再構成。原作はなく、登場人物名や団体名などは一部改称して、フィクションとして描く。脚本は足立紳さんが担当する。

 服部さんはこれまでに、NHKでは大河ドラマ「新選組!」「真田丸」、朝ドラ「すずらん」の音楽を手がけたほか、連続ドラマ「王様のレストラン」「HERO」(共にフジテレビ系)「華麗なる一族」「半沢直樹」(共にTBS系)などの音楽を担当したことでも知られている。

 服部さんは、「時代を稲妻のように走り抜けていった一人の女性。ブギウギという翼を手に入れ、空高く羽ばたき、日本中に元気と勇気を振りまいた彼女のジェットコースターのごとき人生。朝から視聴者の皆様にワクワク、ドキドキ、ブギウギを感じていただくべく、微力ながら頑張らさせていただきます」と意気込みを語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画