橋本愛:「家庭教師のトラコ」壁からのぞくシーンで「私、ミタかな?」 主人公・寅子のコスプレの感想も

連続ドラマ「家庭教師のトラコ」の完成披露試写会に出席した橋本愛さん
1 / 8
連続ドラマ「家庭教師のトラコ」の完成披露試写会に出席した橋本愛さん

 女優の橋本愛さんが7月9日、東京都内で行われた、20日スタートの主演を務める連続ドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の完成披露試写会に出席した。今作で問題を抱えた家庭を救う謎の家庭教師・根津寅子を演じる橋本さんは、作中の人々を“壁からのぞく”シーンについて「壁からのぞく、みたいなときに『あれ、私(『家政婦のミタ』の)“ミタ”かな?』みたいな(笑い)。『若干、ミタ入ってない?』みたいなときが……」と笑い、「ドラマを見ていたときは私が“こっち側”をやる人生になるなんて思っていなかったな……という気持ちで演じているところも多少あります」と楽しそうに明かした。

 今作は、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」「35歳の少女」(同)と数々の話題作を生みだしてきた脚本家の遊川和彦さん、同局の大平太(おおひら・ふとし)プロデューサーが再びタッグを組み制作するヒューマンドラマ。生活レベルの全く違うそれぞれ問題を抱えた三つの家庭を、謎の家庭教師・根津寅子が救っていく様子を描く。

 橋本さんは、「同期のサクラ」「35歳の少女」から数えて今作が3回目の遊川作品への出演といい、「その三つにすごく通底するのは、“怒り”という感情が根っこの部分にあるな、と。遊川さん自身が社会や人に抱いている怒りを、今回は寅子さんに投影されているんだなと思っています。だから“怒り”を少なくとも自分自身が共感しながら表現しないといけないという命題がある」と考えを説明。ただ「怒りという感情を遠ざけて普段生きているので『どうしたら怒れるかな……』と。穏やかに生きたいので、体が簡単にはそこにたどり着けなくて。どうしたらいいかな、というのはちょっと時間がかかった」と苦労も吐露しつつ、「でも今は、怒りを抱えてしか生きられない寅子さんのことを私はすごく愛しています」と役への思いを語った。

 演じる寅子は合格率100%を誇る謎の多い伝説の家庭教師で、訪問する家庭ごとに衣装とキャラクターを変える人物。趣味はコスプレで、作中ではさまざまな衣装を披露しており、橋本さんは「楽しくやらせていただいています」とコスプレの感想を明かし、「扮装(ふんそう)を変えることで、演じている寅子さん自身の内側の部分がコロコロ変わるような感じがあって。カラフルで楽しい日々を過ごさせていただいています」と語った。

 完成披露試写会には中村蒼さん、美村里江さん、板谷由夏さん、鈴木保奈美さんも浴衣姿で出席した。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事